雑学

「扇風機に当たったまま寝ると死ぬ」はホント!クーラーでも

扇風機に当たったまま寝ると死ぬ

イラスト/スズキサトル

昔からよく耳にしたのが「扇風機に当たったまま寝ると死ぬ」という都市伝説。これ、ウソのようで本当の話なのだそう。

「70~80年代を中心に、実際の死亡例が新聞などで報じられています。例えば’72年の毎日新聞では、風呂上がりに扇風機をつけっ放しで寝た男性が、心臓麻痺で死亡したという記事があります。その後も’70~’80年代には断続的に似たような死亡事故が報じられており、’87年の同紙では、『都内では’86年にクーラー・扇風機が人を殺す例が5件あった』とも書かれています」(医療ジャーナリスト・森田豊氏)

扇風機だけではなくクーラーでも! では死亡の原因は一体、何?

「かいた汗が多量に蒸発する際に生まれる気化熱です。これにより体温が奪われて低体温症となることもありますし、脱水状態に陥ると血液がドロドロになって脳梗塞や心筋梗塞を起こすこともあり得ます。睡眠の際、体の同じ場所に強い風を当て続けるのは避けたほうがいいでしょうね」

クーラーによる死亡例

クーラーによる死亡例も(毎日新聞87年9月1日付)


― 真夏の[都市伝説]を科学する【1】 ―




おすすめ記事