恋愛・結婚

妻の妊娠中に不倫した最低男。SNSのハロウィン画像がきっかけで修羅場に…

 不倫という言葉を見ても、別段、目新しさを感じられなくなった昨今。むしろ、“不倫バレ”の方が、話のネタとして盛り上がるといえる。
SNS

使い方に注意したいアラフォーのSNS(写真はイメージ、以下同)

 若い世代にとっては、インスタ映えというような非日常をアップするSNSも、アラフォー世代にとっては、“私生活の露呈”ツールになってしまうことも…。

久しぶりの恋愛に一喜一憂

 パソコンやタブレット端末の販売や、ITソリューション事業などを手掛ける企業に勤めている豊田哲也さん(仮名・38歳)は、「実は去年、うっかりミスで、浮気相手に家バレしたんです」と話す。 「パソコン関係の企業に勤めていると、ITスキルが高いように思われるのですが、僕が勤めているのはコールセンター。個人用のパソコンの問い合わせ窓口、社員などのシフトやマネージメントを主に担当していました。彼女と出会ったのも、この職場でした」 コールセンター 男性社員が多い中、派遣社員でコールセンターの部署にきた香織さん(仮名・34歳)とすぐに意気投合したという。 「彼女は化粧っ気もあまりなく、通勤着もジーンズなどカジュアルで、さばさばした性格だったんです。机の上にはあまり私物は置けないのですが、彼女は競走馬のぬいぐるみを置いていて、そのギャップにやられました」  元々、競馬に興味があった豊田さん。香織さんと雑談などをしているうちに、親しくなっていったという。LINEの連絡先を交換すると、何度か飲みに行く仲になった。 「彼女は、SNSなどに興味がなく、ほとんどやっていないと言っていました。僕も面倒なのでインスタなどのIDなどは作ってはいたのですが、放置していました」

既婚者バレしても関係を続行

デート 豊田さんに結婚願望はなかったが、6年ほど付き合っていた彼女がいた。くっついたり離れたりを繰り返し、彼女が適齢期に差し掛かり結婚を何度も迫られたが、先送りにしていた。  しかし一昨年、彼女の妊娠が発覚。押し切られる形ででき婚することになった。 「ちょうど、気になっていた香織さんと良い感じになっていたんです。ここで逃すのも惜しいなって思って、つい彼女がいるのを隠していました。ただ、雨の日に女性ものの傘を持って行ってしまったり、僕のハンカチにアイロンが掛かっているのを見て“誰かと暮らしているの?”と怪しまれたこともありましたね」  豊田さんは妻が妊娠中、部下である香織さんと不倫を楽しんでいた。しかし、職場に結婚の事実が知れ渡り、既婚者であることが香織さんにばれたという。 「“実は付き合ってた人がいたんだ。妊娠しちゃったので責任を取った”と正直に告げました。責められるかと思ったんですが、向こうは“それでもいいのでつきあいたい”と言ってきました。出産する一週間前も香織さんと会って、関係を続けていました」
次のページ 
商店街のハロウィンで家バレ
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事