エンタメ

“金融知識ゼロ”だった俳優が、30代で「資産運用アドバイザー」になるまで

 ドラマ『科捜研の女』『闇金ウシジマくん』などで知られる俳優・崎本大海は現在、「俳優」×「資産運用アドバイザー」というハイブリッドで新しいキャリアを目指し、活動を続けている。コロナ禍によって以前に増して深刻な問題や悩みが浮き彫りになるなか、自分たちの資産をどう増やし、どう守っていけばよいのか、崎本さんの資産運用アドバイザーとしての顔に迫る。 【前編】⇒慶応卒イケメン俳優が「会社勤め」を経験して知った“世間知らずだった自分”

「お金」のことって一番相談しにくい

崎本大海さん

崎本大海さん

【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます ーー飲食業をはじめ、コロナ禍によってお金に困っている人の声が多数聞かれるようになって久しいです。  そうですね。でも、「お金」のことって一番相談しにくいじゃないですか。「お金が足りない」ってなかなか人には言えないですよね。 ーー確かにそういう考えを持つ人は少なくない気がします。  思い切って相談することで道が開けることもあるかもしれないのに、お金と社会との関わりを理解しないまま苦しむことはもったいないですよね。お金のことに限らず、わからないことってつい後回しになってしまうし、そうなると耳障りのいい言葉の方へどんどん流れていってしまう。  けど、本当に大事なことって、実は自分にとって耳が痛いことでもあるんです。憎まれ役ではないですが、お金に関するアドバイスをする立場としては、そういうことも正直にお話できる存在になりたいです。

運用を続けながら金融商品の知識を深める

ーー崎本さんはファイナンシャルプランナーの資格をお持ちと聞きました。  はい。今年に入って2級も取りました。資産運用の勉強をしながら、インデックス投資や保険商品などについて知識も深めている最中です。  また、トレードを通じて積極的運用も行なっています。個人的には買ったはいいけど売れてない、いわゆる塩漬けポートフォリオのような商品を抱えていますが(笑)。
次のページ
芸能界には稼いだお金をどう使っていいかがわからない人が多い
1
2
3
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠