スポーツ

未だ現役!最多負け越し記録を更新し続ける力士

バレンティンの本塁打、マー君の連勝など、新記録で盛り上がったプロ野球。しかし、スポーツの世界には逆の意味ですごい「ワースト記録」がある。野球、サッカー、ゴルフ、ボクシング、競馬など、さまざまなスポーツのワースト記録をひもときつつ、その当事者にも直撃取材!

◆[相撲]部門

森麗

'09年、11月場所5日目、水田を引き落としで破り、改名後初の白星を挙げた森麗。この場所は4勝3敗で勝ち越した

 ’03年7月場所で番付に初登場するや否や最多連敗32を記録、さらに6年後の9月場所まで負け越すこと連続38場所という最多記録をも打ち立てた力士がいる。

 当時の四股名は本名の「森川」だったが、最多連続負け越しを達成した翌場所、「森麗」に改名。「幕下以下の力士は取材を受けない決まり」(日本相撲協会)にもかかわらず、序ノ口のポジションで改名記者会見まで行われた注目力士だ。連敗記録が話題になった競走馬ハルウララにちなみ、親方が「負けても愛される力士になってほしい」ってことで命名したとか。つーか、負けること前提かい!

 それから4年、さすがに引退してるかと思いきや、なんと現役続行中!! 何度となく引退を勧められても、泣きながら「やめたくない」と訴えたという森麗。大記録樹立後、ようやく勝ち越した次の場所は全敗など、苦戦が続いている。番付も序ノ口と序二段を行ったり来たり、先の秋場所は序ノ口西二枚目で3勝4敗(不戦勝1含む)と残念ながら負け越した。それでも相撲を取り続けるのはすごすぎる。このあたりでもう一度、今度は勝てそうな名前に変えるのはどうか。いや、いっそ元関脇・寺尾関の通算最多敗記録938を超えるまで頑張ってほしいかも~。

― スポーツ[ワースト記録]大全【5】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事