雑学

通ぶると嫌われる!? ラーメン、寿司の許せない食べ方

白飯、カレー、ラーメン、寿司、焼き肉……日常の食事で人は他人の食べ方のどこが、何が「許せない」のか? 時に根本的な人間評価に発展してしまうほど、譲れない大問題であったりもする「食べ方」問題を探ってみた

◆通ぶると嫌われる?ラーメン、寿司の許せない食べ方

ラーメン ラーメンではラーメン通vsその他の人々で怒るポイントが真逆。

 ラーメン通側の意見の例は「ひと口も食べずにニンニクや唐辛子とかをかける人にイラッとする」(46歳・IT・男)。「まずは店主が作ったそのままの味を楽しめよ!」ということなのでしょう。

 逆に反・ラーメン通の声は……。

「ラーメンをありがたがって食うヤツが嫌い。『所詮ラーメン』くらいの感じで食べて『ラーメンのくせにウマいなあ』くらいがいい感じ」(43歳・外資金融・男)

 一方、食べ方については、「レンゲに麺を入れて食べる人が許せん」(25歳・男)なんて声も。ワイルドに食えってことなのか?

 また通ぶった感じも嫌われがち。

「初めて行った店で『麺硬め!』と頼んだり、あつもりのつけ麺を注文したり、スープだけ飲んでウマい・マズいと言ったりするヤツ。許せないな」(45歳・印刷・男)

 同じ意見は寿司にもアリ。

「寿司のネタの順番にうるさい人っているよね。『最初からトロ頼んだら怒る』みたいな。『最初はコハダだろー』とかウンチク言い出すの……やだねー」(38歳・流通・男)

― [許せない食べ方]大研究【3】 ―




おすすめ記事