エンタメ

SNSを禁じる新聞社、池上彰の存在…鴻上尚史がマスコミについて思うこと

週刊SPA!連載「ドン・キホーテのピアス」<文/鴻上尚史> ―

TXN選挙SP「池上彰の参院選ライブ」

TXN選挙SP「池上彰の参院選ライブ」HPより

 昨年末の衆議院選、今回も、選挙特番の池上彰さんの活躍はすごかったです。安倍首相に、大勝の感想インタビューで「憲法改正に向けて一歩一歩進めていくということですね」とずばり聞きましたからね。

 で、安倍首相は「そういうことです」と認めました。中継が終わった後、池上さんは、「憲法改正の熱意、野望をまったく隠そうとされなかったですね」とまとめました。

 ぞくぞくきますねえ。

 池上さんは何回も「欧米ではジャーナリストが政治家に対して、これぐらいのことを聞くのは当たり前で、自分が特殊ではない」とおっしゃっています。それがジャーナリストの仕事なんだから、ということです。 当選した政治家に対して「おめでとうございます。今の心境はいかがですか?」しか言えないのは、ジャーナリストではなく、ただ、テレビに出ている人、だということです。

 池上さんが選挙特番をするようになって、多くのキャスター達は、意識的な質問をするようになったと僕は思っています(もちろん、激励して、身内だとアピールする人もいますけど)。ただ、池上さんがすごいのは、ものすごい質問をじつにヒョウヒョウとやることです。これはなかなかできません。何人かのキャスターの人達の質問する時の「気合」を感じましたが、質問する時に相手に「気合」を伝えてしまうと、相手は身構えしまうのです。そうすると、相手も公式答弁とか沈黙とか韜晦に逃げる可能性が高いのです。それを池上さんはじつにヒョウヒョウとするのです。本当にすごいです。

 こういう人がいる限り、マスコミの存在意義はあるんだと思います。これは決して大げさな言い方ではないです。記者クラブに自動的に所属して、日常的に政治家と接するようになり、やがて、政治家の身内のような感覚になり「自分が政治家を守るために、この記事をやめておこう」なんて意識にまでなってしまうマスコミの中で、池上さんの存在は本当に希望だと思います。

◆SNSを禁じる大手マスコミ

 最近、大手の新聞社から「マスコミとネット」についてのインタビューを受けました。「マスゴミ」と言われてしまうマスコミは、「売国奴」だの「反日」だのの言葉を使いながら、ゆっくりと自殺しているんだ、とこの欄に書いたことがきっかけでした。

 驚いたのですが、大手の新聞記者さんは、ツイッターやフェイスブックをすることを、基本的に会社から禁じられている、というのです。許可された一部の記者だけがやっているそうです。僕は思わず「そんなあ!」と声を上げてしまいました。ネットの民は、ネットに溺れながらマスコミを知っている。けれど、マスコミの人達は、ネットをまったく知らない。そんなんでネットと戦えるはずないじゃないかと思いました。

 ツイッターやフェイスブックが禁じられている理由は分かります。大手のマスコミの人間が不用意につぶやいて、「××新聞社の記者がこんなこと言ってる」と炎上したらまずいということでしょう。肩書を見て、例えば朝日新聞社の記者だと分かれば、スルーする発言も祭にする可能性は十分にあります。

 だから、仕事でどうしても必要な記者以外は禁じてしまえ、という上層部の切実で短絡的な発想も分かります。分かりますが、それでは、マスコミの死期をどんどん早めてしまうだろうと思います。

 僕は思わず、「会社に怒られるのなら、偽名にしてやればいいじゃないですか」とアドバイスしました。実際、例えばフェイスブックでは、有名人が何人も名前を変えて僕に「友達申請」してきています。メッセージでこっそり、自分の本名を名乗るのです。

 表現者やアーティストとして「フェイスブックとはどんなものか」とか「ツイッターの可能性と限界」を体験することは、とても大切なことだと思っています。ジャーナリストの人達も、もちろんです。

 毎日、仕事としてネットを覗くことは、なかなかに大変なことです。興味を持って、熱中している人ならともかく、仕事で見ると胸潰れることがたくさんあります。それでも、希望を感じることもたくさんあるのです。

 2015年も、ネットという巨人とつきあっていこうと思います。ということで、今年もよろしくです。

※「ドン・キホーテのピアス」は週刊SPA!にて好評連載中

この世界はあなたが思うよりはるかに広い

本連載をまとめた「ドン・キホーテのピアス」第17巻がいよいよ発売! 鴻上による、この国のゆるやかな、でも確実な変化の記録


クール・ジャパン!? 外国人が見たニッポン

外国人の素直な目から、ニッポンの奥の深さと可能性を再発見!




おすすめ記事