恋愛・結婚

一晩で32回イカされた!? 風俗嬢の優しい嘘とオジサンの悲哀

おじさんメモリアル「AV女優」の社会学 なぜ彼女たちは自らを饒舌に語るのか』(青土社)、『身体を売ったらサヨウナラ 夜のオネエサンの愛と幸福論』(幻冬舎)などの著作で「性を商品化する」女性たちの内面を活写し注目されている文筆家の鈴木涼美が、「おじさん」をテーマに日刊SPA!で連載する「おじさんメモリアル」第7回!

【第7回 あなたはティーチャー!】

 東京なんていう雑多な都市に暮らしていると、いろいろと許せないことは多い。担当ホストに呼び出されて急いでいるときに限ってタクシー横取りされる、生理中に電車の席を詰めてもらえない、濡れた傘が頑張って営業して買ってもらった新品のヴィトンをかすめる、ブスに恋愛アドバイスされる、エトセトラエトセトラ。ただ、多くのオトナ女子たちはそういった許せないイライラを食道あたりから無理やり空気とともに飲み込んで小腸の裏側に隠す。許しているわけではない。許さないままに飲み込む。だってそれをいちいち吐き出していたら、あっという間に新宿区や豊島区は血の海になってしまうんですもの。

 夜のオネエサン方は、その飲み込む技術を煮詰めて凝縮したような存在である。お前俺のこと好きだろと言わんばかりのオジサン、お前ほんとにバカだなと言いたげなオジサン、俺って凄いんだぜと目でうったえてくるオジサンから被るあらゆるイライラを飲み込んで胃の裏に隠す。オカネという苦痛の対価とともに。そしてとびきりの笑顔や妖艶な微笑やお色気仕草で胃の引きつりをコーティングして提供する。

 だがしかし、時にそのコーティングを剥がすほどのパンチのきいたイライラオジサンも存在する。私たちはそういうパンチ力あるオジサンの首を斬ったり漁港に沈めたりはしないが、ほんのりホロホロほろ苦いやり方で復讐する。勿論、カネ返せと言われたら台無しである。ちょっと凹んで黙る、そして帰る、くらいのほろ苦い復讐は、意外とダメージが大きいらしく、だからその後に彼らと友好的な関係を保ちたいという欲望を、イライラが上回った時に出現する技である。

⇒この続きは連載をまとめた単行本「おじさんメモリアル」で

【鈴木涼美(すずき・すずみ)】
83年、東京都生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒。09年、東京大学大学院学際情報学府修士課程修了。専攻は社会学。「身体を売ったらサヨウナラ 夜のオネエサンの愛と幸福論」(幻冬舎)発売中。現在は日経新聞を退社し、執筆業を中心に活動。幻冬舎plusにて「愛と子宮が混乱中 夜のオネエサンの母娘論」(http://www.gentosha.jp/articles/-/3708)を連載中

撮影/福本邦洋 イラスト/ただりえこ

おじさんメモリアル

著者が出会った哀しき男たちの欲望とニッポンの20年
日刊SPA!の連載を単行本化




おすすめ記事