[美女コスプレイヤー&コンパニオン画像集]ワンダーフェスティバル2016冬

 海洋堂が主催する世界最大級の造形の祭典「ワンダーフェスティバル2016冬」(通称:ワンフェス)が、2月7日、千葉・幕張メッセにて開催されている。ワンフェスは、冬と夏の年に2回開催される日本最大のガレージキットコンベンションで、企業ブースだけでなく、個人による造形物の展示・即売、プロディーラーの新作や限定品などが並ぶのも魅力のひとつだ。

ワンダーフェスティバル2016[冬] 2015年は冬、夏の開催ともに5万人の大台を突破し、今年も5万5000人以上の来場者が見込まれている。昨年、一昨年と雨天が続いたものの、今年は快晴で気温も心地よい寒さに。昨年のTVアニメ放送やゲームで人気の『艦隊これくしょん -艦これ-』などアニメキャラクターのフィギュア展示をはじめ、会場内では同時多発的にトークショーやライブが繰り広げられ、来場者を楽しませていた。人気のフィギュアともなれば会場には長蛇の列ができ、屋外の広場では有名コスプレイヤーの撮影に30人以上のカメコが並んでいる光景も広がっていた。

ワンダーフェスティバル2016[冬] 3Dプリンターを使用して製作された等身大フィギュアや、コンピュータの指示で動くモーションフィギュア、そしてコスプレを楽しむ外国人や男女の姿も。等身大の戦闘機のフィギュアには、囲むようにして子どもから大人までが集まりじっくりと見入っていた。外国人観光客の増加にともない、これから日本が誇る造形文化としてますます注目を集めるかもしれない。

ワンダーフェスティバル2016[冬] 今回は、場内に花を添えるコスプレイヤーの魅力を写真とともにお届けする。コスプレと言えど細部へのこだわりはまさに“職人芸”。2月初旬でも、肌の露出が多いコスプレを屋外で披露する心意気に、感心しっぱなしの一日だった。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1047775

●ワンダーフェスティバル2016[冬]公式サイト http://wf.kaiyodo.net/

<取材・文・撮影/北村篤裕>

衝撃の事実。元AV女優・紅音ほたるが急逝していた

紅音ほたるさん
 元AV女優の紅音ほたるさんが、8月15日に亡くなっていたことがわかった。AV引退後の所属事務所の社長兼パートナーによると同日午前、自宅で倒れた状態の…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中