[美女コスプレイヤー&コンパニオン画像集]ワンダーフェスティバル2016冬

 海洋堂が主催する世界最大級の造形の祭典「ワンダーフェスティバル2016冬」(通称:ワンフェス)が、2月7日、千葉・幕張メッセにて開催されている。ワンフェスは、冬と夏の年に2回開催される日本最大のガレージキットコンベンションで、企業ブースだけでなく、個人による造形物の展示・即売、プロディーラーの新作や限定品などが並ぶのも魅力のひとつだ。

ワンダーフェスティバル2016[冬] 2015年は冬、夏の開催ともに5万人の大台を突破し、今年も5万5000人以上の来場者が見込まれている。昨年、一昨年と雨天が続いたものの、今年は快晴で気温も心地よい寒さに。昨年のTVアニメ放送やゲームで人気の『艦隊これくしょん -艦これ-』などアニメキャラクターのフィギュア展示をはじめ、会場内では同時多発的にトークショーやライブが繰り広げられ、来場者を楽しませていた。人気のフィギュアともなれば会場には長蛇の列ができ、屋外の広場では有名コスプレイヤーの撮影に30人以上のカメコが並んでいる光景も広がっていた。

ワンダーフェスティバル2016[冬] 3Dプリンターを使用して製作された等身大フィギュアや、コンピュータの指示で動くモーションフィギュア、そしてコスプレを楽しむ外国人や男女の姿も。等身大の戦闘機のフィギュアには、囲むようにして子どもから大人までが集まりじっくりと見入っていた。外国人観光客の増加にともない、これから日本が誇る造形文化としてますます注目を集めるかもしれない。

ワンダーフェスティバル2016[冬] 今回は、場内に花を添えるコスプレイヤーの魅力を写真とともにお届けする。コスプレと言えど細部へのこだわりはまさに“職人芸”。2月初旬でも、肌の露出が多いコスプレを屋外で披露する心意気に、感心しっぱなしの一日だった。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1047775

●ワンダーフェスティバル2016[冬]公式サイト http://wf.kaiyodo.net/

<取材・文・撮影/北村篤裕>

最強ダイエット食材・ブロッコリーが “食事の主役” になる時代!? AKB48峯岸みなみも食べてスリムに

ブロッコリー
 いま、手軽に食べられるダイエット食材としてブロッコリーが注目を集めている。きっかけは、先日のAKB48総選挙で2連覇を達成した指原莉乃が1月、プライ…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(8)
メンズファッションバイヤーMB
梅雨シーズンの「薄毛対策」3選…茶髪、湯シャン、サプリを実践してみた
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
トレーダー目線で検証!アベノミクスは「失敗」か「失速」か
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
忙しすぎるビンスの3つのアジェンダ――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第120回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
好きな女性には「きれい」と言え。
大川弘一の「俺から目線」
それでもモヤシはいやねぇ――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
沖縄移住を実現する7つのプラン――世界を6周半した男の大提言
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中