映画監督が手掛ける「目の前で演技を楽しめるバー」の魅力

 表参道から十分ほど歩いた住宅街にある、「CUT(カット)」という名前の小さなバー。ここは、知る人ぞ知る映画などエンタメ関係者が集まるお店だ。

バーという舞台を活かした設定のショート劇を披露。20人ほどのお客が集まっていた

「映画関係者をはじめ、広告関係者などエンタメ業界に関わるいろんな人がいらっしゃいます。そういった業界に関わる人や今後関わりたいと思っている人のための情報交換の場みたいな感じです」

 そう話すのは、バーのオーナーであり自身も映画監督である谷健二氏だ。もともとは大手広告代理店に勤めていたが、「映画を作りたい」という一念で脱サラ。’13年に映画『リュウセイ』で監督デビューを果たし、そこからは舞台なども手掛け、今夏にはプロサッカーリーグを舞台にした映画『U-31(ゆーさんじゅういち)』の公開が控えている。

 そんな彼がこのバー「CUT」を開いたのは’14年7月のことだった。

「映画をやりたいと会社を辞めたけれど、それほど忙しくなく、軽い気持ちではじめました。もちろんちゃんと売上を上げてとは思ってましたが、それ以上に、ここを役者さんとか映画関係者が情報交換できる場所にしたいと思ったんです。おかげさまで、口コミで広げてもらっていろんな“ギョーカイ人”の人が来てくれるようになりました」

 とはいえ、それだけではどこにでもある隠れ家的なバーと変わらない。この「CUT」がほかと違って人を引き付けているのは、お店のスペースを利用して様々なイベントを実施しているからだろう。

「お店では『エンタメナイト』という名前で、監督や役者さんを巻き込んだイベントを行っているんです。例えば公開前の映画監督を招いてトークショーをやったり、若い役者さんに短い舞台を披露してもらったり。月に2、3回ほどそんな会をやっているんですが、多いときにはお店に入りきらないほどお客さんが来てくれます」

次ページ記者がお店を訪れた日には…

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中