ミュージシャン・岡崎体育「『MUSIC VIDEO』の反響がここまであるとは予想してなくて(笑)」

岡崎体育

 最近、「岡崎体育」という名前をどこかで耳にしたことはないだろうか。京都府宇治市在住の26歳。「盆地テクノ(BASIN TECHNO)」というジャンル名を掲げ、2012年にソロアーティスト「岡崎体育」として、奈良のライブハウスを拠点に活動開始した彼は、スーパーでアルバイトをしながら自室のPCとシンセで曲を作り続け4年後の今年5月、8曲入りアルバム『BASIN TECHNO』でメジャーデビューを果たした。

 だが、それ以前に彼の名前を世に広めたのは、YouTubeに上げた作品群だ。特に「MUSIC VIDEO」という作品は、地上波の情報バラエティ番組などで取り上げられるほど話題になり、これを書いている5月16日現在では、なんと再生回数240万回を突破している。

「カメラ目線で歩きながら歌う 急に横からメンバーでてくる 突然カメラを手で隠して 次のカットで場所移動してる」「仲良い人とかお世話になってる人を別撮りで歌わせる」などなど、“MUSIC VIDEOあるある”をまず歌詞と映像で表現したこの作品は、確かにおそろしくおもしろいし、そのおもしろさを生むためにとんでもない手間とアイディアと熱量がこめられていることが観ればわかる。



 だが彼は、そういった「J-POPをメタ視点でネタにする」というアイディアがおもしろいだけでなく、まともにいいメロディが書ける、いいトラックを作れるという意味でも、とても優れたミュージシャンと言えるだろう。

 SEKAI NO OWARIのFUKASEや、ゲスの極み乙女。の川谷絵音、前山田健一(ヒャダイン)や、星野 源などなどの錚々たるアーティストたちが絶賛する岡崎体育とは何者なのか? 京都在住、かつバイトが忙しいそうでプロモーション活動の機会が極めて限られるというこの男を、直撃した!

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/1112200/_dsc0765

――最初はバンドをやっておられたんですよね。

岡崎体育:はい、学生時代にバンドを組んでましたね。

――その時すでに、今のような音楽性だったんですか?

岡崎体育:違う感じでした。パソコンを使って、打ち込みの音とパンク・ロックの音を合わせた、ミクスチャーみたいな音楽をやってました。曲調も、あんまりJ-POPっぽくなくて……2000年代の前半とか中盤ぐらいにUKで流行ってた、ニューレイヴというジャンルがあって。エンター・シカリとかブロック・パーティーとかを聴いてまして、近いサウンドを出したいと思ってやってましたね。
そのバンド、僕はベースで、一応リーダーで、作詞作曲も全部やってたんですけど。まずパソコンで曲を作って、メンバーに聴かせて「こういう感じで演奏して」って練習して曲にしてた、っていう感じです。

――解散したあと、バンドじゃなくてひとりになったのは?

岡崎体育:そのバンドを組んだのが2009年の終わり頃でして……大学2回生の時で、3回生になった時にメンバーが渡米したり名古屋に移住したりして、ドラムの子と僕ふたりになって、ユニットを組んだんですけど、それもほどなくして解散して。就職活動を普通にしまして、一般企業に就職したんですけど、半年ぐらいでやめて、岡崎体育を始めましたね。2012年の秋ぐらいから。

――そこでバンドやユニットじゃなくて、ひとりで始めたのは?

岡崎体育:バンドを組んでる時から、いかんせん協調性がなくて。練習とかでもケンカが絶えへん感じやったんで、「人となんかやるのむいてへんな」と思って。

――で、ひとりになってからは、最初から今のような音楽性で?

岡崎体育:そうですね。目立つことをしないと、音楽では食っていけないな、と最初から思っていたので。自分が本当にやりたいまじめな曲とは別で、プロモーションとしてネタっぽい要素を入れたりだとか、初期からしていましたね。

次ページ自分が本当にやりたい曲というのは?

BASIN TECHNO

京都出身、関西をベースに活動するソロ男性アーティスト「岡崎体育」のメジャーデビューアルバム

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中