“謎の美女”祥子が艶やかヌード披露「今は垂れたお尻で勝負したい!」

 週刊ポストのグラビア「謎の美女」で話題となった祥子が11日、東京・福家書店新宿サブナード店でヌード写真集『椿』の発売記念イベントを行なった。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1132087

祥子 “謎の美女”として一世を風靡した、タレントで女優の祥子。2冊目となる写真集のテーマは「妖艶」で、彼女の“第二章”と呼ぶにふさわしい最新写真集は、オール新撮によるフルヌードを交えた官能ショット満載の意欲作に。

 写真集は、3月に神奈川・箱根の温泉旅館と東京都内のスタジオで撮影。4月に31歳を迎えた彼女は「30歳を越えてカラダのラインが変わってきて、お尻が垂れてきました。でも、そこも魅力だと思う。『お尻がいい』と言ってくれる人も多いし、今まではお尻は見せたくない部分でしたが、今はお尻で勝負したい」と、自慢の官能ボディをアピールした。

祥子 入浴シーンなどでは、B85W58H86の“完熟スレンダーボディ”を一糸まとわぬ姿で惜しげもなく披露。「艶やかな色気、熟した女の魅力が表現できるように努めました。わたしと一緒に温泉旅行に来た錯覚に陥っていただけるとうれしい」とアピール。SMコスチュームに初挑戦し、「使用方法はお任せ」とにっこり。

 取材陣から不倫について問われると「人を好きになってしまった方が、そうだったら仕方ないのかな」としたが、「私はなるべく不倫じゃない恋をしたいなと思っています」。その上で「芸の肥やしとしていいじゃないかというような男性とは、距離をとりたいです」と話した。

 また、自身の恋については、サッカー日本代表DF長友佑都と女優の平愛梨の交際を引き合いに「アモーレと言ってくださるような方に“ティアモ”って言いたい。そんな男性と旅館に行きたいですけど、まだまだ現れないですね」とし、理想の男性像を「笑いのツボや食べ物の趣味が合う方で、裸で家の中をうろうろしていても怒られない人がいいなぁ」と照れながら明かした。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1132079

【祥子(しょうこ)】
女優・タレント。1985年4月13日、熊本県生まれ。31歳。’14年に『週刊ポスト』(小学館)の“謎の美女”シリーズに登場し、ミステリアスな美貌で注目を集める。’15年公開の映画『D坂の殺人事件』では主演をつとめ、女優としても才能を発揮。現在はバラエティ番組等にも出演するなど、幅広い活動を行っている。公式ツイッターは、@sho_ko_0413

<取材・文/北村篤裕 撮影/西田周平(24dakun)>

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中