“謎の美女”祥子が艶やかヌード披露「今は垂れたお尻で勝負したい!」

 週刊ポストのグラビア「謎の美女」で話題となった祥子が11日、東京・福家書店新宿サブナード店でヌード写真集『椿』の発売記念イベントを行なった。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1132087

祥子 “謎の美女”として一世を風靡した、タレントで女優の祥子。2冊目となる写真集のテーマは「妖艶」で、彼女の“第二章”と呼ぶにふさわしい最新写真集は、オール新撮によるフルヌードを交えた官能ショット満載の意欲作に。

 写真集は、3月に神奈川・箱根の温泉旅館と東京都内のスタジオで撮影。4月に31歳を迎えた彼女は「30歳を越えてカラダのラインが変わってきて、お尻が垂れてきました。でも、そこも魅力だと思う。『お尻がいい』と言ってくれる人も多いし、今まではお尻は見せたくない部分でしたが、今はお尻で勝負したい」と、自慢の官能ボディをアピールした。

祥子 入浴シーンなどでは、B85W58H86の“完熟スレンダーボディ”を一糸まとわぬ姿で惜しげもなく披露。「艶やかな色気、熟した女の魅力が表現できるように努めました。わたしと一緒に温泉旅行に来た錯覚に陥っていただけるとうれしい」とアピール。SMコスチュームに初挑戦し、「使用方法はお任せ」とにっこり。

 取材陣から不倫について問われると「人を好きになってしまった方が、そうだったら仕方ないのかな」としたが、「私はなるべく不倫じゃない恋をしたいなと思っています」。その上で「芸の肥やしとしていいじゃないかというような男性とは、距離をとりたいです」と話した。

 また、自身の恋については、サッカー日本代表DF長友佑都と女優の平愛梨の交際を引き合いに「アモーレと言ってくださるような方に“ティアモ”って言いたい。そんな男性と旅館に行きたいですけど、まだまだ現れないですね」とし、理想の男性像を「笑いのツボや食べ物の趣味が合う方で、裸で家の中をうろうろしていても怒られない人がいいなぁ」と照れながら明かした。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1132079

【祥子(しょうこ)】
女優・タレント。1985年4月13日、熊本県生まれ。31歳。’14年に『週刊ポスト』(小学館)の“謎の美女”シリーズに登場し、ミステリアスな美貌で注目を集める。’15年公開の映画『D坂の殺人事件』では主演をつとめ、女優としても才能を発揮。現在はバラエティ番組等にも出演するなど、幅広い活動を行っている。公式ツイッターは、@sho_ko_0413

<取材・文/北村篤裕 撮影/西田周平(24dakun)>

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中