女の本音があらわに! 鬼ごっこ婚活イベントへ行ってみた

 3年ほど前の、世間が婚活婚活と騒いでいたのは一体なんだったのだろう。というくらい、もはや出尽くした感のある婚活だが、ある日、筆者のもとに見慣れぬタイプの婚活イベントの案内が届いた。件名は「鬼ごっこ婚活」。文字通り、独身男女でキャッキャウフフと鬼ごっこをして、親睦を深めましょう、といったイベントだ。意中の相手とスポーツをすると、スポーツでのドキドキと恋のドキドキを勘違いして、成功率が上がる、と小耳に挟んだことがある。それが正しいなら、鬼ごっこ婚活は理にかなっているのかもしれない。

 主催は、虎ノ門のカフェで2~3か月に1回、テーマを決めた参加型パーティーを開催している『虎ノ婚事務局』。過去にはLEGOワークショップ婚活や、利きたこ焼き婚活を行ってきたらしい。そこへ今回は、各地での大会や企業研修で鬼ごっこの普及活動をする『鬼ごっこ協会』の協力のもと、鬼ごっこ婚活が実現したとのことだ。何でもかんでも“婚活”と言ってしまえばビジネスになるのか……とひねくれたことを思っていたら、どうやら虎ノ婚事務局はビジネス目的ではなく、単なる有志ボランティア団体のよう。それゆえ、婚活にしては参加費も3000円と安め。

 会場へ着くと、鬼ごっこをできるとはとても思えない小さなカフェの一部を使って準備運動が始まった。スーツを着た会社帰りの大人たちがクッシンやシンキャク。ここが婚活の場だとはとても思えない光景である。

⇒【画像】はこちら http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=228756

 そして、まずは鬼ごっこ講師の森下貴司さんの指導のもとに、2人ペアでできる手繋ぎ鬼が始まった。男女ペアで向かい合って手を繋ぎ、繋ぎ相手の背中をタッチ。背中を触られないようにグルグル逃げ回り、キャーキャーという悲鳴が響き渡る。鬼ごっこって、合法的にセクハラできる遊びなんだな……。

⇒【画像】はこちら http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=228805

oni5

このようにペアで手を繋ぎ、よーいスタートで相手の背中を狙う

 筆者も実際にやってみたのだが、勝ち負けのかかる勝負となると、つい本気になってしまい、明らかに相手の男性は唖然としていた。

 ダメだ。このままでは、どう考えてもモテない。曲がりなりにもこれは“婚活”イベント。狙うべきは異性なのに、勝ちを狙ってどうする。

 次にやったのは、「猫とネズミ」。まずは、猫役をひとり、ネズミ役をひとり決める。そして、残りは全員で手を繋いで輪になり、猫役が輪の真ん中に、ネズミ役は輪の外にスタンバイ。猫役がネズミ役を追いかけるのだが、輪になっている人たちは、猫が輪をくぐるときは通せんぼ、ネズミは通してあげる、というルールとなっている。

⇒【画像】はこちら http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=228829

oni10

写真左端の白黒ボーダーの女性が逃げるネズミ。輪の真ん中の緑色の男性が追いかける猫

 ここでも、やってしまった。筆者は猫役をやったのだが、ネズミ役の男性を本気で追いかけ、瞬殺。どよめく会場、ガッツポーズで喜ぶ私。たぶん、婚活としての効果はゼロ。

oni11

写真左端奥の男性(ネズミ役)も本気で悔しがっていた

 その後も、「ハンカチおとし」や「だるまさんがころんだ」などのおなじみの遊びを含め、いくつかの鬼ごっこ系レクリエーションをやったのだが、この鬼ごっこ婚活、思った以上におそろしいイベントであった。たかが鬼ごっこ、されど鬼ごっこ、やり始めると理性で考える余裕がなくなるため、相当性格が出る。なりふり構わず勝ちたい気持ちが先走ってしまった筆者自身は言わずもがな、そのほかにも、最初の「ペア手繋ぎ鬼」では遠慮がちだったものの、徐々に本性が出始めて熱が入ってきた人も何人か見かけた。

⇒【画像】はこちら http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=228840

 帰り際、筆者には連絡先の交換を申し出る人がひとりもいなかったのは言うまでもない。逆に言えば、普通の婚活や合コンで、女性の猫かぶりに騙されている男性は、こういった性格の出る婚活ならば失敗は少ないのかもしれない。

<取材・文/朝井麻由美 撮影/林健太>

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中