佐藤優の人生相談「医学部を目指して10浪している弟がいます」

【佐藤優のインテリジェンス人生相談】
“外務省のラスプーチン“と呼ばれた諜報のプロが、その経験をもとに、読者の悩みに答える!

◆相談者 Baggio(ペンネーム) 公務員 男性38歳

勉強,受験 私には弟がいます。高校3年以降、大学受験を続けており、現在10浪目を超えています。医学部を目指しており、ほかの道を考えることすらしません。

 しかし、今後が心配です。現在、弟は母の年金で生活しています。弟とは遠く離れて生活していますが、私はここで何をしたらよいかわかりません。何かいい方法があるのでしょうか。

◆佐藤優の回答

 重要なのは、空想を排除し、事態を現実的に考察することです。Baggioさんの弟さんが、医学部に合格する可能性はゼロです。学部を変更し、定員割れしている、事実上全員が入学できる私立大学ならば、可能性が出てくるかもしれません。しかし、そういう大学でも面接や身体検査があると、そこで弟さんは引っかかって、不合格になる可能性があります。なぜなら、弟さんが心身のバランスを崩しているからです。

 人間には、さまざまな可能性があります。その可能性には、矛盾する要素もあります。しかし、人間はその矛盾のバランスを上手にとって生きているのです。京都大学名誉教授の木村敏先生は、<われわれ文明社会に住む人間は、すでにこの楽園から追放されたアダムとイヴの子孫である。原罪とともに時間が流れはじめ、人は個我としての自己を意識しなくてはならなくなる。自己自身の死が自己の存在の終結を限定し、他者の存在が自己の世界の外部境界を限定する。自己はあるがままのありかたでおのずから自己自身ではなくなる。自己が自己自身でありうるためには、自己はそのつどみずから自己自身にならねばならなくなる。自己は、自己自身となりうる可能性を、そのつどの未来から、そのつど出会う他者とのあいだから獲得しなくてはならなくなる。>(『時間と自己』183頁)と述べます。

 弟さんの場合、時間に関する感覚がズレてしまっていると思います。それだから、10年以上も大学受験という環境に自らを置いておくことができるのです。受験勉強は、教科書に書いている内容を理解し、筆記試験で復元する訓練をすれば、一定の水準に達します。東京芸術大学や日本体育大学などは、特別の才能を必要とされるので、学力試験だけで合格することはできません。また、東京大学の理科Ⅲ類、東京医科歯科大学、京都大学医学部、慶應義塾大学医学部などは、極端に記憶力のよい人しか合格できませんが、国公立大学の医学部ということならば、正しい手続きにしたがって勉強していれば、ゼロから始めても3~4年で合格できます。それで合格できないということは、受験とは別の原因があります。弟さんは、勉強をさぼっているのではなくて、勉強をやりたくてもできない要因があるのだと思います。

 また、10年以上も親の世話になり、しかも近年はお母さんの年金に依存して生活しているという時点で、弟さんは他者との関係で境界線を引くことができなくなっていると思います。このままの状態が続くと、弟さんだけでなく、お母さんの生活も成り立たなくなってしまいます。そして、そう遠くない未来にBaggioさんの生活にも影響を与えます。できるだけ早く、弟さんを説得して、精神科医の診察を受けることをお勧めします。精神医学専門家のアドバイスに基づいて、今後の生活設計を行う必要があります

【今回の教訓】
弟さんが合格する可能性はゼロです

◆募集
佐藤優さんへの相談を募集中。匿名希望の方はペンネームを記入してください。採用者には記念品をお送り致します。
⇒応募はコチラから https://nikkan-spa.jp/icol_form

【佐藤優】
1960年生まれ。1985年に外務省入省。在英、在ロシア連邦大使館、国際情報局分析第一課で活躍。2002年に背任の容疑で逮捕。『インテリジェンス人生相談』個人・社会編に続く第3弾、新刊『インテリジェンス人生相談<復興編>』が発売中!

◆今回の参考文献
時間と自己

精神科医であり、京都大学名誉教授である著者が、人間の心理的時間感覚を分析。時間という現象と自己(自分であること)は厳密に一致すると説く。’82年刊

インテリジェンス人生相談 復興編

超個人的な問題から佐藤優が導<日本復興のシナリオ>とは!?

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?
sponsored
 いつの間にか、セミがガンガン鳴きだして夏がきたと感じる昨今。今年の夏は、2010年以来の猛暑が予想され、連日うだるような暑さを覚悟しなくてはならない…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
名古屋喫茶の雄「コメダ珈琲」上場で変わるカフェマーケット
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」――46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中