ミス慶應が浴衣姿を披露! 告白シチュエーションにドキドキ【画像集】

 7月7日、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)の学園祭『七夕祭』にて、ミス慶應2012の候補者6人が、浴衣姿で登場した。ステージでのお披露目の様子を、独占撮りおろし画像とともにお届けする。今年のミス慶應は誰になるのか? 予想しながら読んでほしい。

ミス慶應2012

ミス慶應2012 候補者6人が浴衣姿で登場

⇒【画像】ミス慶應2012の候補者6人
http://nikkan-spa.jp/247545/mskeio_tana_00

(1)自己紹介
(2)浴衣姿に合ったシチュエーションでの『告白』(ステージ企画)
(3)男友達とのお祭りの帰り道、男をドキッとさせる一言(独自取材)


◆ 小澤陽子(おざわようこ)・環境情報学部3年

ミス慶應2012・小澤陽子
⇒【拡大画像】http://nikkan-spa.jp/247545/mskeio_tana_08

(1)海外旅行好きで、お金を貯めては海外に行っているという。今までで一番よかった国は、天国に一番近い島と呼ばれているニューカレドニア。好きな花は、ひまわり。まわりの人を明るく元気にするひまわりのように自分もなりたいとのこと。

(2)夏祭りの夜、神社で幼馴染と横に並んで手を合わせながら、「これからもずっと一緒にいられますように」。隣にいるのに「お願いごと」という手法に会場は大興奮だった。

(3)「楽しかったね、今度は花火大会も行きたいなぁ」

◆ 越野結花(こしのゆか)・法学部1年

ミス慶應2012・越野結花
⇒【画像】http://nikkan-spa.jp/247545/mskeio_tana_13

(1)アメリカの現地校に通っていたこともあり、英語のディベートサークルに所属。国際交流に興味があり、社会問題について英語でも議論できるようになりたいという、意識の高い1年生。しっかりしていると思われがちだが、友達からは「天然だよねー」といじられるという一面も。特技は3歳からやっているダンス。

(2)祭の帰り道に塾の先生に「だって好きなんだもん」。普段も、いじけたときや本気で怒ってはいないときなどに「~もん」は使うそうだ。

(3)「私たち、どんな風(関係)に見えるんだろうね?」

◆ 眞田詩穂(さなだしほ)・総合政策学部4年

ミス慶應2012・眞田詩穂
⇒【画像】http://nikkan-spa.jp/247545/mskeio_tana_18

(1)SFC4年目ながら、初の七夕祭という彼女。体育会系陸上競技部に所属しており、腹筋は6つに割れているらしく、1日1000回腹筋運動をすることもあるとか。万全の日焼け対策で、肌の白さもキープしているという努力家。

(2)花火大会に遅刻して、駆けつけて「大好き」。

(3)「来年も一緒に来たいね」

◆ 増田友里恵(ますだゆりえ)・文学部3年

ミス慶應2012・増田友里恵
⇒【画像】http://nikkan-spa.jp/247545/mskeio_tana_23

(1)候補のなかではもっとも身長が低い155cm。休日はピクニックに行ってごろごろするのが好きとのこと。先日の金環日食でも朝5時にお弁当を持ち、代々木公園へ行ったというアクティブな一面も。

(2)浴衣にジュースをこぼされたて本気で怒ったあと。「うっそ~、好きだから許す!」なんというツンデレ。

(3)「わたしの彦星はどこにいるんだろう?」

◆ 下川祐佳(しもかわゆか)・法学部4年

ミス慶應2012・下川祐佳
⇒【画像】http://nikkan-spa.jp/247545/mskeio_tana_28

(1)イギリス出身で様々な国での海外生活は15年。ハーフっぽい顔立ちだが、「ハーフに間違えられるんですけど、純日本人です」とのこと。さらに、「世界最後の日は納豆を食べたい」というほど大の日本食好き。

(2)日中に私服姿で偶然の再会をした男友達と、浴衣姿に着替えて花火大会へ。褒められたあと「B’coz I Love You」。翻訳すると、「あなたのために、かわいい浴衣着てきちゃいました」的なことだろうか。

(3)「来年は、何色の浴衣を着てほしい?」

◆ 桝田沙也香(ますださやか)・商学部1年

ミス慶應2012・桝田沙也香
⇒【画像】http://nikkan-spa.jp/247545/mskeio_tana_33

(1)福岡県から上京して1年目。「東京はどこにいても楽しいです」と初々しさが残る彼女は、福岡弁を披露。「一生懸命がんばるばい」に会場が沸いた。

(2)花火の帰り道「先輩のこと、好きとおよ」と福岡弁での告白。これには男性司会者も、「方言萌え!」と叫ばずにはいられなかった。

(3)「短冊の願いごとが叶うといいな」

 ステージ後には、大教室で行われていた企画にも参加。松本人志、さまぁ~ずによるバラエティ番組『OMOJAN』(フジテレビ系・毎週火曜深夜0時45分~)の出張企画だ。この日は、カラテカ入江とカナリアが登場。2つの言葉を組み合わせて面白い言葉をつくるという言葉遊びゲームで、ミスも「ガン見」というお題に対して、「開脚」という大胆な言葉の組み合わせを披露し、会場を沸かせた。

 今後も、ミス慶應候補の6人は、11月に開催される『三田祭』でのグランプリ発表まで、様々なイベントに登場する予定だ。また、ミス慶應2012公式サイト(http://misskeio2012.com/)では、6人の詳しいプロフィールやブログ、フォトギャラリーなどがアップされる予定なので、ぜひチェックしよう。 <取材・文・撮影/林健太>

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中