性転換したラナ・ウォシャウスキーは『らんま1/2』が好きだった

右からアンディ・ウォシャウスキー、ラナ・ウォシャウスキー、トム・ティクヴァ

 1999年、世界に衝撃を与えた映画『マトリックス』の監督は「ウォシャウスキー兄弟」。今年、トム・ティクヴァとのトリオで新作映画『クラウド アトラス』を引っ提げて来日したのは「ウォシャウスキー“姉”弟」。2008年に、「兄」ラリーは性転換手術を経て、「姉」ラナになっていたのだ!

 取材嫌いで知られる彼らへのインタビューが叶うことになり、当然のように性転換についてたっぷり聞こうと思っていた我々。だが、取材日が近づくにつれ、「性転換についてはあまり聞けないかも」という情報が入ってくるように。そして、取材日前日には「本人から、プライベートについての質問は一切NG、と言われました」という非常に厳しい事態に陥ってしまった。

 これは何かプレゼントでも持って行って、ラナの心を開くしかない!と、アニメオタクで知られる彼らに日本のカルチャーを紹介するガイドブック、最新のアニメ雑誌、そして村上春樹が好きだというラナのために『1Q84』の文庫本などを携え、取材に臨んだのであった。

 かなりのピリピリムードを覚悟していた我々を、真っ赤なドレッドヘアにピンクと黒のストライプのタイツ姿のラナはにこやかに迎え入れてくれた。だが、元は白人男性だけあってかなり背は高い。その姿になぜだか一瞬、ひるみそうになったが、早速ガイドブックを手渡すと、ラナは大喜び。

「ワーォ! サンキュウー! (コスプレカルチャーを紹介するページを指さして)ここに私が載っていてもおかしくないわね(笑)」(ラナ)

「(アニメ雑誌の表紙の『魔法少女まどか☆マギカ』を観ながら)こいつは観ておいたほうがいいのか?」(アンディ)

 弟のアンディに『まどか☆マギカ』の説明をしつつ、「記者会見では『日本は第二の故郷、日本の作品から多くの影響を受けた』と話していましたが、今でも日本のアニメやカルチャーに興味はありますか?」とラナに水を向けると、思わぬ、というかなるほど、という作品の名前が飛び出してきた。

「大好きよ! 最近は村上春樹の小説がお気に入りなの! 彼の小説を読むために日本語を覚えようか考えたくらいよ(笑)。それと水をかぶると男のコが女のコになっちゃうマンガ……、あー、タイトルをど忘れしちゃった……(『らんま1/2』ですね、とタイトルを教える)……そう、らんま! 大好きなのよ! あのマンガは私のフェイバリット! 本棚に全巻並んでいるわ!」

 性転換した彼女が『らんま1/2』を好きだとは、かなり納得。この後も「自由時間が数時間しかないんだけど、最新のマンガを買いに行くにはどこに行けばいい?」などの質問がラナから飛び出し、和気あいあいと取材はスタートした。

 果たして、性転換について、彼女は答えてくれたのか? それは3/18発売の週刊SPA!「エッジな人々」にて確認してほしい。

<本誌構成/渡辺トモヒロ 撮影/尾藤能暢 再構成/SPA!編集部>

週刊SPA!3/26号(3/18発売)

表紙の人/中川翔子

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

“結婚したいけど相手なし時代” 理想の相手と巡り会うための「見た目や中身以上に大切なこと」とは?

女性は1人目の相手でゴールインもあるんだって!
sponsored
 いずれは結婚しようと考える未婚者の割合が男性85.7%、女性89.3%と高水準だったにもかかわらず、異性の交際相手をもたない未婚者が男性69.8%、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中