茨城の暴走族はバイクの車体もマッカンカラー!?

幼い頃に親しんだお菓子が、よその土地では存在すら知られていないことに驚愕したことはないだろうか? 郷愁を誘う味があれば、味で呼び覚まされる記憶もある。あなたのローカルおやつは何ですか?

【茨城県出身の芸人・赤プル氏に聞く】

バイク 私の育った地域は、茨城県でもさほど納豆文化は強くない地域。でも、ひいばあちゃんは干し納豆をよく食べてたし、近所に納豆屋はあったし、給食でもカレーと同じ頻度で納豆が出ていました。『茨城名物なっとう味スナック』(メーコウ)というネバネバまでリアルに再現したお菓子もありますしね。

 ただ、茨城=納豆というイメージなんでしょうけど、レンコンもメロンも栗も干し芋も有名だし、私の地元の石下町では、くろさわの『若鶏の丸焼き』が名物。普通におやつとして鶏肉を食べるし、友達の家でも唐揚げがおやつに出てきたことがあるんですけど、これって私の周りだけですか?

 あと、思い出深いのは『マックスコーヒー』ですね。当時は、とっぽい感じの飲み物で、レディース時代に「マッカン4本なー!」とか頼んだりしましたねぇ。茨城の暴走族は派手で有名なんですが、マックスコーヒーのカラーは大人気。バイクの車体を茶色で塗装して、カッティングシートでオレンジ色の「マックスコーヒー」って文字を入れるんです。しかも、仲間うちでも実力のある人だけに許されるのがマッカンのカラー(笑)。

⇒マックスコーヒーの【写真&紹介記事】はコチラ
http://nikkan-spa.jp/487265


 茨城のことは、今でこそネタにもするし、楽しく話していますが、実は上京したての頃は恥ずかしくて隠してたんです。でも、芸人としての武器を考えたとき、私にあるのは茨城だった。食べ物も含め、離れてからわかる地元のよさっていうのは絶対にありますよね。

【赤プル氏】
「いばらき大使」「常総ふるさと大使」も務める茨城県出身の芸人。著書『おめえら、いつまでも調子に乗ってんじゃねーかんな!

― 全国[ローカルおやつ]自慢大会【4】 ―

おめえら、いつまでも調子に乗ってんじゃねーかんな!

茨城県が生んだ美人芸人が愛する茨城と残念な旦那をつづった初のネタ本。

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中