中国でiPhone 5Sゴールドがバカ売れする5つの理由

iPhone 5S

中国のネット上で高値で売買されるiPhone 5Sのゴールド

 iPhone 5S/Cが発売されてもうすぐ1か月が経とうとしている。今回、はじめて1次販売国となった中国では、アップルの「5Cは中国市場向け」という戦略が大失敗した。同社の予想に反して5Sのゴールドが中国で大人気となったためで、現在も超品薄状態が続いているという。ちなみにこのゴールド色は中国では「土豪金(成り金色/田舎のボス色)」という独特の”アダ名”がつけられている。

 iPhone 5Sゴールドの中国での定価は5288元(約8万5000円)だが、都市部では10万~14万円、アップルストアのない地方都市やネットショップでは倍の17万円前後で取引されているという。こうした状況を受け、(もはやお約束だが)アメリカやカナダ、欧州各国のアップルストアでは現地在住華人・華僑による買い占めや大量購入がおこっており、海外でも品薄が波及しつつある。

 そんななか、中国ネットメディア「钛媒体」は、なぜiPhone 5Sのゴールドが中国人消費者の心を掴んだかという文章を発表し、話題となった。

 同メディアによると、理由は大きくわけて5つあるという。以下、紹介しよう。

(1)メンツによる消費心理から

 まず中国人は見栄っ張りだ。携帯は単なるツールではなく、存在自体がコミュニケーション・ツールである。中国人は90年代、携帯がまだ「大哥大」と呼ばれていた時代から、携帯を「見栄を張るための道具」と考えていた。IT企業関係者や、民間企業の幹部、自営業者まで商談の際、相手に自分をアピールするためにゴールド色を選ぶのだ。

(2)ゴールドでしか見分けられないから

 iPhone 5Sのゴールド以外の2色(シルバーとスペースグレー)は、iPhone 5と他人から見ると見分けがつかない。加えて5Cは、「廉価版」というレッテルを貼られている。すなわちゴールドを持つことでしか、最新のiPhoneを所有しているということを他人に誇示できないのである。

(3)中国でゴールドが暗喩する意味が消費者心理を動かしたから

 工業製品におけるゴールド色は、エレガントで洗練されたイメージを表しているが、中国の消費者にとってはそうではない。中国人にとってゴールドは「成り上がり」や「田舎の金持ち」を象徴しているのだ。だから「土豪金」という名付けられた。そして、中国人ユーザーは口では成り上がりや田舎の金持ちをバカにしつつ、一方では「アイツらが欲しているゴールドは、俺でも金を出せば買える」と自己を肯定化するため、ゴールドを買ってしまうのだ。これは中国人独特の消費者心理だろう。

(4)中国のマニアは落胆の末、消極的選択をしたから

 新しいアップル製品に、常に革新的な創造性を期待していた中国のアップルマニアたちは、新しいiPhoneについておおむね落胆している。だから、今回は仕方なくゴールドを買うことでしか、アップルの新製品発売時の“熱狂”を共有できない。

(5)ネット発のスラングが瞬時に定着したから

 もともと「土豪金」という呼び方はネットスラングから出てきた言葉だ。ネット上でブームになったこの言葉が「陶宝(タオバオ)」など大手ショッピングサイトに出店するショップが多用しはじめ、いっきに広まって流行語のようなものになった。結果、冷蔵庫から自動車、指輪まで、ゴールドをあしらったものはすべて「土豪金」と形容されるようになった。

 中国人がなぜ、iPhone 5Sのゴールドに飛びついたかが少しは理解できただろう。ちなみに日本でもゴールドが人気のようだ。マイナビニュースによると、1024人にアンケートした結果、43.8%が「買うならゴールドを選ぶ」と回答したという。ゴールド人気の現象は中国だけではないようだ。

<文/日刊SPA!取材班 参照元/钛媒体(http://www.tmtpost.com/)

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中