中国でiPhone 5Sゴールドがバカ売れする5つの理由

iPhone 5S

中国のネット上で高値で売買されるiPhone 5Sのゴールド

 iPhone 5S/Cが発売されてもうすぐ1か月が経とうとしている。今回、はじめて1次販売国となった中国では、アップルの「5Cは中国市場向け」という戦略が大失敗した。同社の予想に反して5Sのゴールドが中国で大人気となったためで、現在も超品薄状態が続いているという。ちなみにこのゴールド色は中国では「土豪金(成り金色/田舎のボス色)」という独特の”アダ名”がつけられている。

 iPhone 5Sゴールドの中国での定価は5288元(約8万5000円)だが、都市部では10万~14万円、アップルストアのない地方都市やネットショップでは倍の17万円前後で取引されているという。こうした状況を受け、(もはやお約束だが)アメリカやカナダ、欧州各国のアップルストアでは現地在住華人・華僑による買い占めや大量購入がおこっており、海外でも品薄が波及しつつある。

 そんななか、中国ネットメディア「钛媒体」は、なぜiPhone 5Sのゴールドが中国人消費者の心を掴んだかという文章を発表し、話題となった。

 同メディアによると、理由は大きくわけて5つあるという。以下、紹介しよう。

(1)メンツによる消費心理から

 まず中国人は見栄っ張りだ。携帯は単なるツールではなく、存在自体がコミュニケーション・ツールである。中国人は90年代、携帯がまだ「大哥大」と呼ばれていた時代から、携帯を「見栄を張るための道具」と考えていた。IT企業関係者や、民間企業の幹部、自営業者まで商談の際、相手に自分をアピールするためにゴールド色を選ぶのだ。

(2)ゴールドでしか見分けられないから

 iPhone 5Sのゴールド以外の2色(シルバーとスペースグレー)は、iPhone 5と他人から見ると見分けがつかない。加えて5Cは、「廉価版」というレッテルを貼られている。すなわちゴールドを持つことでしか、最新のiPhoneを所有しているということを他人に誇示できないのである。

(3)中国でゴールドが暗喩する意味が消費者心理を動かしたから

 工業製品におけるゴールド色は、エレガントで洗練されたイメージを表しているが、中国の消費者にとってはそうではない。中国人にとってゴールドは「成り上がり」や「田舎の金持ち」を象徴しているのだ。だから「土豪金」という名付けられた。そして、中国人ユーザーは口では成り上がりや田舎の金持ちをバカにしつつ、一方では「アイツらが欲しているゴールドは、俺でも金を出せば買える」と自己を肯定化するため、ゴールドを買ってしまうのだ。これは中国人独特の消費者心理だろう。

(4)中国のマニアは落胆の末、消極的選択をしたから

 新しいアップル製品に、常に革新的な創造性を期待していた中国のアップルマニアたちは、新しいiPhoneについておおむね落胆している。だから、今回は仕方なくゴールドを買うことでしか、アップルの新製品発売時の“熱狂”を共有できない。

(5)ネット発のスラングが瞬時に定着したから

 もともと「土豪金」という呼び方はネットスラングから出てきた言葉だ。ネット上でブームになったこの言葉が「陶宝(タオバオ)」など大手ショッピングサイトに出店するショップが多用しはじめ、いっきに広まって流行語のようなものになった。結果、冷蔵庫から自動車、指輪まで、ゴールドをあしらったものはすべて「土豪金」と形容されるようになった。

 中国人がなぜ、iPhone 5Sのゴールドに飛びついたかが少しは理解できただろう。ちなみに日本でもゴールドが人気のようだ。マイナビニュースによると、1024人にアンケートした結果、43.8%が「買うならゴールドを選ぶ」と回答したという。ゴールド人気の現象は中国だけではないようだ。

<文/日刊SPA!取材班 参照元/钛媒体(http://www.tmtpost.com/)

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中