ミス東大2013グランプリは赤チャイナが似合う色白美女

ミス東大2013

2013年ミスター東大の望月大地、ミス東大の澤田有也佳

 11月24日、東京大学の学園祭「駒場祭」にて、ミス東大コンテスト2013が開催され、グランプリに教育学部2年の澤田有也佳(さわだあやか)、準グランプリに工学部建築学科4年の田島理奈(たじまりな)が選ばれた。

⇒【拡大画像】ミス東大2013候補の5人
http://nikkan-spa.jp/543262/missut13_02


 グランプリの澤田さんは、特技としてダンスを披露。普段はハロプロのコピーダンスなども行なっているという。この日は「ちょっとカッコイイ系で」と、セクシーな目線で会場を魅了していた。ちなみに、澤田さんはその輝きの片鱗を1年前にも見せていた。それは、2012年の五月祭(東大が毎年5月に行なう学園祭)を記者が取材した時のことだった。

「東大入学」という夢を叶えた東大生が、もし願いが叶うなら何を願うか、キャンパスで聞いてまわっていると、透き通るような白い肌に真っ赤なチャイナドレスが似合った美女を発見。さっそく声をかけ、「人を笑顔にできる人になりたいです。」と笑顔で答えてくれたその人こそ、澤田さんだったのだ。(入学直後の澤田さん⇒ http://nikkan-spa.jp/216025

 準グランプリの田島さんはショートカットが似合う、サバサバ系の美女。アメリカに住んでいた時期があり、特技披露では英語での弾き語りに挑戦。音がうまく流れないトラブルが起きるも、動じず笑顔で対応していた。現在は、建築家を目指し勉強中で、大学院に進学予定だという。

⇒【拡大画像】http://nikkan-spa.jp/543262/missut13_06

 今年のミス東大は5人の候補者が登場。いずれも甲乙付け難い美女たちで、特技披露などを通して個性や人柄がみえてくると、さらに迷ってしまう。ステージに登場したスペシャルゲスト・堀江貴文氏も、「俺らの頃はこんな感じじゃなかった。スゴいね!」と、ビジュアル面だけでなくダンスや歌といった派手な特技の披露に驚いていた。

 特技披露のなかでも特に芸達者ぶりが目立ったのは大筋さん。「女子力満載の空手を披露します」と、ピンクのかわいいコートを羽織ったまま、美しいハイキックと正拳突きでの板割りを披露。さらに、楽しんごの「ラブ注入」のモノマネなど、意外な才能に会場を沸かせた。

 才色兼備のなかでも最上級である「ミス東大」。高嶺の花であることは変わらないが、ステージでは残酷な事実が明らかにされた。過去にミスター東大、ミス東大に選ばれたカップルが結婚し、東大出身者だらけの結婚式が開催されたのだという。実際、東大カップルは多いのだろうか……。 <取材・文・撮影/林健太>

衝撃の事実。元AV女優・紅音ほたるが急逝していた

紅音ほたるさん
 元AV女優の紅音ほたるさんが、8月15日に亡くなっていたことがわかった。AV引退後の所属事務所の社長兼パートナーによると同日午前、自宅で倒れた状態の…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中