ソニーのVAIO「思い出の名機」を偲ぶ

 今年の7月にPC事業の売却が決定しているソニー。2014年春モデルをもって、「ソニーのVAIO」は姿を消すことになる。哀悼を込めて、時代を切り開いてきたVAIOの名機を振り返ってみたい。

「’97年にデビューしたVAIOですが、その人気を決定づけた『伝説のモデル』は’98年~’00年あたりに集中していますね」と話すのは、ITジャーナリストの本田雅一氏。なかでも、「強く印象に残っている」と本田氏が言うのは、次の2機種だ。

◆VAIO PCG-C1(’98年)

VAIO PCG-C1

 超コンパクトな本体に、当時としては新しかったWebカメラを搭載。

「事務機器にすぎなかった従来のパソコンを『パーソナルな情報ツール』に昇華し、カルト的な人気を誇ったモデル。そのコンセプトは今のスマホにも通じるものがあります。『とにかく薄いのが正義』だったノートPCのデザインに、『厚みはあるけどコンパクト』という概念を持ち込んだ点も画期的。『ハンドバッグに入れて持ち歩きたい』という女性ユーザーの獲得に大きく貢献しました」(本田氏)

◆VAIO GT(’00年)

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=614956

VAIO GT

 光学10倍ズームのビデオカメラを搭載したミニノート。

「『パーキャスTV』というネットサービスと連動しており、撮影した映像をネットにアップロードして共有することができた。アップロードされた動画には、リアルタイムでコメントを入れることも可能……つまり、今で言う『ニコ動』を15年近く前にやっていたわけです。ヒットはしなかったものの、未来のネットコミュニケーションの形を示唆していたという点で、記憶されるべきモデル」(本田氏)

 もう少し最近の機種では、文庫本サイズの本体にノートPCの機能を詰め込んだ「VAIO type U」(’06年)も忘れがたい。これも、今のスマホやタブレットを先取りしたような製品であった。

「type Uは、外でも見やすいようにシャープの特殊な液晶を使っていたのですが、そのために調達価格が上がってしまい、あまり儲からなかったのです。それゆえに、大ヒットしたにもかかわらず、初代で製造中止になってしまったのが惜しまれますね」(本田氏)

 VAIOブランドが世に問うてきた「普通のPCではないユニークな製品」の数々は、後の世代のスタンダートとなった。改めて、その先見性に敬意を表すと同時に、新会社の下でも魅力的な製品を提示し続けてくれることを、願ってやまない。 <取材・文/琵琶子>

スズメは恐竜でも“ピー助”は恐竜じゃないにショック!マクドナルドのフィギュアで覚える恐竜の定義【PR】

スズメは恐竜でも“ピー助”は恐竜じゃないにショック!マクドナルドのフィギュアで覚える恐竜の定義【PR】
 最強の恐竜とは何か?と聞かれれば、誰もが思い浮かべるのがティラノサウルスだ。映画やアニメなどでおなじみの肉食恐竜だが、ティラノサウルスがなぜ最強なの…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中