ライフ

「アイリスオーヤマ初のノートPC」超低スペックなのに売れ続けるワケ

 皆さん、こんにちは。関東の某家電量販店に、十数年間務めている店員のスズキです。黒物から白物まで、ジャンルを問わずさまざまな商品の販売に携わり、店長も務めたことがある私が、日々の生活に役立つ家電の情報をお届けしていきます。

アイリスオーヤマから初のノートパソコン

アイリスオーヤマ

「アイリスオーヤマ」公式サイトより

 2021年3月25日にアイリスオーヤマが初のノートパソコン「LUCA Note PC」を発売、大きな話題となりました。  定価は税抜4万9800円(税込5万4780円)。  この価格だけ見ると「安くていいのでは?」と思うかもしれませんが、あまりにも低スペックだったことで、ネットやSNSなどでは酷評が集まる結果になってしまいました。  LUCA Note PCの主な問題点は下記の3点です。 ●搭載されているCPUやメモリ、ストレージが貧弱 ●性能が低いにもかかわらず、ビジネス向けのWindows 10 Proをなぜか採用 ●このスペックで約5万円なら、より安価なノートPCが購入できる

数世代前のロースペックCPU

 搭載されているCPUは性能を見る限り、Intelの「Celeron N4100」だといわれています。  低価格パソコンではおなじみのCeleronシリーズですが、Celeron N4100は’17年11月末に発売された数世代前のもの。  残念ながらCPUの性能は高くないですし、メモリが4GB、ストレージが64GBと、これらもかなり心許ないです。
次のページ
普段使いも厳しいスペックなのに…
1
2
3
4
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事