アイドル界の美大?“ピクシブ発のアイドル”って何?

虹のコンキスタドール

虹のコンキスタドールから3人(写真左から)長田 美成、根本 凪、陶山 恵実里

 今週末(8月2日、3日)に開催される、日本最大のアイドルの祭典「TOKYO IDOL FESTIVAL 2014(TIF)」。今年も、138組のアイドルが東京・お台場の湾岸スタジオほか7つのステージを盛り上げる。TIFでは初お披露目となるアイドルもおり、イラスト投稿SNS 「pixiv(ピクシブ)」が手がける「つくドル!プロジェクト」から生まれたグループ「虹のコンキスタドール」も今回のTIFで初お披露目となるグループの一つだ。

 同プロジェクトは、「アイドルになることだけが、夢じゃない!」と掲げ、声優、イラストレーター、コスプレイヤーをはじめとしたクリエイターを目指しつつ、アイドルとしても愛され輝く人材の輩出を目指している。デビューにあたっては、楽曲提供に前山田健一氏(ヒャダイン)、振付師に竹中夏海氏、衣装デザインに岸田メル氏、さらにディアステージの福嶋麻衣子氏(もふくちゃん)、アニメ監督の水島精二氏といった一流のクリエイターをズラリと揃えている。

虹のコンキスタドール そんなプロジェクトの第1期オーディション合格者で結成された「虹のコンキスタドール」とは、どんなアイドルになっていくのだろうか? TIF直前に、声優、イラストレーター、コスプレイヤーを目指すメンバーを代表して3人に話を聞いた。

⇒【写真】はコチラ
http://nikkan-spa.jp/689370/2zicon_02


●長田 美成(ながた・みなり/16歳/コスプレイヤー希望、委員長)
●根本 凪(ねもと・なぎ/15歳/イラストレーター希望)
●陶山 恵実里(すやま・えみり/15歳/声優希望)


 まずは、メンバーそれぞれ、アイドル以外に夢を持っているが、実際アイドルには興味があったのか? そして、過去にはどんな夢を持ってきたのか、振り返ってもらった。

長田「私は12歳の頃にももいろクローバーさんにハマってから、ハロプロさんなどほかのアイドルソングもよく聞くようになりました。ちっちゃい頃はウサギになりたくて毎日ニンジンを食べまくっていました。年長くらいにウサギにはなれないとわかってお花屋さんと思ったら、『花粉症だから無理だ!』ってことになって、そのあとは臨床心理士に興味を持ちました」

根本「私も臨床心理士になりたかったです! 物心ついたときから好きだったイラストも同じく人の心を癒せる仕事だと思っていて、どちらも興味を持ちました。アイドルにはあまり興味がなかったのですが、14歳の時にでんぱ組.incさんに出会って、『でんでんぱっしょん』とか中毒性のある感じが大好きになりました。今ではアイドルも人を癒やすことの一つだなと思って、がんばりたいと思っています」

陶山「私は、1歳くらいからモーニング娘。さんの曲を聞いていたらしく、小さいころからずっと色んなアイドルソングを聞いています。アイドル以外も音楽なら何でも聞いて、片耳にイヤホン入れて音楽を聞いていないと不安になるくらいです。夢は、プリキュアかセーラームーンか仮面ライダーだったのですが、小学生で架空の存在だ……と気付き、夢は変わっていきました。声優になりたいと思ったのは、小学生のときにたまたま夜更かしして見たアニメ『黒執事』でした」

虹のコンキスタドール 3人ともアイドルが好きだという一面はあるものの、さまざまな夢を持っていたようだった。では、なぜ「つくドル!」という特殊なオーディションに応募したのだろうか?

長田「小さい頃からかわいい洋服を着るのも見るのも好きで、コスプレにもずっと興味がありました。私のことを見て、一人でも多くの人に元気になってもらえたらと思っています。海外でライブをして、日本のコスプレやアニメ、アイドルの文化を発信していきたいです!」

根本「臨床心理士になるためには勉強が大変で……。勉強のついていけなさに絶望して、イラストレーターとしてやっていきたいと強く思ったタイミングでオーディションのことを知って応募してみました」

陶山「中学生のときからずっと声優志望ではあったのですが、アイドルにも元から興味があって、どっちもは大変だしどうしようと悩んでいたときに、これならどっちもできるんじゃないかと思って応募しました」

 初顔合わせから3週間での初ライブに向け、準備はOKだろうか?

長田「私はこのユニットに入る前にもアイドル活動をしていたのですが、今回の合格したメンバーのなかに前のユニットのときのファンの子がいて、食事中やレッスン中にも距離が近く、ずっと見らている感じがします(笑)。でも、今のところみんな仲良くやれているので大丈夫だと思います」

根本「今のところ?(笑) もふくさんには『これから仲悪くなるから気をつけてねー』と言われたので不安ですが、がんばります!」

 メンバーから不安の声もあったが、それぞれ違う夢も持ちつつ、この新しい試みを楽しんでいる様子だった3人。最後に、総合プロデューサーのpixiv・永田寛哲氏に同プロジェクトのねらいを聞いた。

「AKB48やももクロを頂点に、1つの偏差値のような競争軸で争っているアイドル業界に一石を投じたいと思いスタートしました。例えるなら、東大に入れなかったらほかの私大に行くというような仕組みで動いているところに、美大や芸大に行くような才能を集めたいんです。pixiv自体も無数にあるウェブサービスのなかで、イラスト1本に絞ったサービスですよね。pixiv以外にも、弊社はCureというコスプレサイトも運営しており、クリエイター全般を応援したいという会社です。アイドル声優という存在も一般的にはなってきましたが、既存の業界ではなかなか飛び出せてはおらず、変えることも難しいと思っています。そこをpixivだからこそできるプロジェクトで変えていきたい。昔からのモーヲタ仲間でもあるもふくちゃんをはじめ、そういった所に面白みを感じてもらえた方々とともに、盛り上げていきます!」

虹のコンキスタドール

虹のコンキスタドール(全員)

 なお、虹のコンキスタドールのTIFでの初お披露目は、8月3日(日)13時35分~14時5分、SMILE GARDENで行われる「Newcomer Idol Showcase Live」にて。その後握手会も予定されている。

●虹のコンキスタドール
http://pixiv-pro.com/2zicon/

<取材・文・撮影/林健太>

洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?

スーピマカットソー
 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第81回目をよろしくお願いします…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(9)
メンズファッションバイヤーMB
洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
ストーカー対策も万全!? 水商売から学ぶ女性の危機管理術
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンの“引退ドラマ”にウォリアー出現――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第125回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
日本の接客は「世界一」ではない!――
大川弘一の「俺から目線」
万引きでもしたら?――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
マックvsスタバの「チーズケーキ対決」、あなたはどっち派? 世界中の両チェーンに通う男が勝手に判定
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中