エンタメ

ワンマンライブ大成功のつりビット「TIF2014ではみなさんを釣り上げちゃいますっ!」

 8月2日・3日に開催される『東京アイドルフェスティバル(TIF)2014』。今年で5回目の開催となるこのイベントをもっともっと楽しむために、【週末アイドル情報】担当の筆者DDマツが出演アイドルに突撃取材。TIF2014に懸ける思いを聞いた。

 第1弾となる今回突撃したアイドルは「つりビット」。アイドル界では握手会などで思わせぶりな態度をとってファンを魅了することを“釣り”なんて呼び方をしますが、このつりビットはひと味違います。「つりビットとは、釣りとビット(小さな一片や最小単位などの意)を掛け合わせた造語であり、釣りというレジャー&スポーツに打ち込むことを誓った少女たちで構成されるアイドルユニット。(公式HPより)」という、恐らく現行アイドル界唯一の本当の魚を釣る、“釣りアイドル”なのです。

つりビット

つりビット

 そんな彼女たちが6月14日、初のワンマンライブを開催。ワンマンライブ終了直後の彼女たちに、ワンマンライブの感想やTIF2014への意気込みを聞いた。

――初ワンマンライブお疲れ様でした。まずは、今回の初ワンマンライブを終えての感想を教えて下さい。

聞間彩(以下、聞間):初ワンマンライブで、最初はとても緊張してたけど、ライブが始まったら緊張が解けて、ファンの方達と一緒にライブを楽しむことができて良かったです!

安藤咲桜(以下、安藤):ワンマンでしか出来ないような企画や、曲数など、たくさん新しいことに挑戦したので不安はありましたが、終わった時の達成感は最高でした!

長谷川瑞(以下、長谷川):今の自分達にできる精一杯のライブができたと思うし、あたたかいライブになったと思います。ワンマン特別企画で普段できないようなことができて新しいつりビットを見ていただけたんじゃないかなと思います!

竹内夏紀(以下、竹内):今までのつりビットのライブの中で一番盛り上がっていたと思います!あと早着替えが難しかったです(笑)

小西杏優(以下、小西):お客さんがすごく楽しんでくださって、私たちのパフォーマンス力も上がったと思います!とても思い出に残りました。

――ありがとうございます。では、今回の初ワンマンライブに向けて意識したこと、気をつけたことはありますか?

聞間:どうやったら、お客さんを盛り上げて、楽しませられるかを意識しました。

安藤:今回たくさんのお客さんが来てくださったので、目線などに気を配りました。色んな方と目が合いました(笑)

長谷川:レッスンで振りの確認を念入りにして、パフォーマンスをしているときの表情を気をつけるように意識しました。

竹内:ワンマンライブで、やる曲数が普段より多いので、体力のコントロールに気をつけました。

小西:とにかく楽しもうと思ってやりました。うまくやることより、楽しむことを目標にしました。

――様々な意識をしながら挑んだ今日のワンマンライブ本番。成功した点、失敗してしまった点はなんですか?

安藤:100%の力は出せたと思うのですが、100点満点のパフォーマンスは出来なかったな、と思いました。次回のワンマンでは100点のパフォーマンスを目指したいです

聞間:成功した点はパフォーマンスをしっかり綺麗に見せることができたところですね。失敗した点はMCがグダグダだったことです。

小西:確かに、トークがまだまだグダグダでした。準備不足でした。

長谷川:ライブを通して、お客さんとメンバーがみんなで一つになれたところは成功したところだと思います!

――ではその辺の反省なども踏まえて、「次のワンマンライブはこんなことがしたい」というアイデアを教えて下さい

安藤:次もまたチームにわかれて何かをしたいです!コントとか(笑)

小西:またオリジナルのダンスを披露したり、いつもとは違う自分をみせる企画をやってみたい。

竹内:次は水鉄砲をつかって、ファンの方を涼しくしてあげたいですね~(笑)

――水鉄砲使うなら夏が終わる前に次のワンマンライブやらなくてはですね! では次は夏の一大イベント『TIF2014』についてお聞きします。昨年の『TIF2013』にも出演されていますが、TIFにはどんな思い出がありますか?

聞間:今までの中で1番大きなステージでのライブだったので緊張と感動でいっぱいだったことを今でも覚えています。

安藤:大きな舞台に出られたことは勉強になりました。

長谷川:ステージがキラキラしてていつも以上に緊張しました。

竹内:思い出はかき氷をたべたことです(笑)

小西:みんなでかき氷食べながら歩いたのが楽しかったー!

――炎天下の中ライブをして食べるかき氷はそれは美味しいでしょうね!羨ましいです。では、TIFのような他のアイドルと共演するイベントの際、よく話したり、仲の良い、他のグループのアイドルはいますか?

聞間:「ANNA☆S」さんとは取材でご一緒させていただいたとき、LINEを交換しました。

安藤:私はANNA☆Sさんの他に「nanoCUNE」さんのあゆちゃんとも連絡先を交換しました。あゆちゃんはライブでご一緒させていただいたとき、楽屋に遊びに来てくれたり、私の生誕祭の時にメッセージカードを書いてくれたりしました。もっと仲良くなりたいです!

長谷川:「乙女新党」さんともよくお話しますね。

――プライベートで遊んだりもするんですか?

竹内:プライベートで遊んだことないです!遊びたい!

全員:遊びたーい!!

――では、今後仲良くなりたいアイドルの子はいますか?

聞間:「東京女子流」さん! とても素敵で、憧れの存在です。

安藤:乙女新党さん! ユニット自体も好きですし、年も近い方なので。あとは、からっと☆さん! からっと☆さんも年が近いし、可愛いから!

長谷川:私は「palet」さんと仲良くなりたいです!以前ライブで一緒になったときにステージを見て大好きになって。また会いたいな思ってるんです!

――ご本人がこの記事を読んでくれたら反応してくれるかもしれませんね。続いて、TIFは同時進行で、色んなアイドルもライブをやっています。そんな中この記事を読んでる方が、つりビットを見に来たくなるような、アピールポイントや意気込みを教えて下さい。

竹内:実は、個性がすごく強いグループなんです(笑)MCもよく考えて頑張っているので、みなさんに楽しんでもらえたらうれしいです。去年よりも少し成長した?つりビットをたくさんの方に見てもらいたいです。

小西:釣り・おさかなの歌があって曲が楽しいので、聞いてみたい!と思ってもらえるように頑張ります!全力でパフォーマンスします!

長谷川:つりビットは暑さに負けず全力でとにかくみなさんと楽しめるようなステージになると思います。一人でも多くの方につりビットのことを覚えてもらえるように、楽しんでもらえるようにがんばりたいです!

安藤:とにかく衣装がかわいくて楽曲がいいので、まずそこに注目していただきたいです。そして私たちつりビット5人のそれぞれ違った個性を発見してもらえたら嬉しいです! TIFでは、つりビットを見てくださったみなさんを釣り上げちゃいますっ!

聞間:衣装がアイドルバージョンとアングラーバージョンがあるのは、つりビットだけの特徴だと思います。今年は、今つりビットのことを知ってくれてる方はもちろん、知らない方にももっともっとつりビットのことを知ってもらいたいです。

――当日は僕も是非ライブ見させていただきます!ありがとうございました。

全員:ありがとうございました。

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=664666

【つりビット】
釣りとビット(小さな一片や最小単位などの意)を掛け合わせた造語であり、釣りというレジャー&スポーツに打ち込むことを誓った少女たちで構成されるアイドルユニット。2013年5月22日配信シングル『スタートダッシュ』でデビュー

<取材・文/DDマツ 撮影/西田周平>

旅立ちキラリ

あなたも釣られてみませんか?




おすすめ記事