往年のサッカー名選手&大物アーティストたちがピッチで大暴れ!「さがみはらドリームマッチ2014」

望月重良

自身を「リアルサカつく」という望月氏。「これからもアッと驚くことをピッチの内外でやっていきますよ!」とのこと。J3相模原の動きを要チェックだ

 名波浩、前園真聖、戸田和幸……いずれも日本代表や国内外のクラブで活躍し、サッカーファンならずとも名前は聞いたことのあるスター選手だ。ピッチを退き、もはや伝説となっている彼らだが、そんな往年の選手たちのプレーがふたたび味わえる夢のようなイベントが開催される。その名も「さがみはら ドリームマッチ 2014」だ。

◆芸能界からもサッカー好きが大集結

 J3のSC相模原対福島ユナイテッドFCの前座マッチとして行われるこの一戦。サッカー界の重鎮はもちろん、芸能界からもナインティナインの矢部浩之氏や名波氏と親交の深い日本を代表する大物アーティストなど豪華なメンバーが集結するJ-DREAMSと相模原市高校選抜が対戦する。そのみどころを現役時代は日本代表や名古屋グランパスなどで活躍し、現在はSC相模原の代表を務める望月重良氏に解説してもらった。

――元日本代表選手など、他では見られないメンバーが集まりましたね。

望月:どうせやるなら大きなことをやろうということで清水商業高校の先輩である名波さんに呼んでいただきました。本当にサッカーが好きでサッカー界を盛り上げたいという人たちばかりですし、特に名波さんはジュビロ磐田の監督に就任されたので実際にプレーする姿は貴重ですよ。正直、どこでも見られるようなメンバーではないので、初めてスタジアムに来る人やあまりサッカーに興味のない人にも楽しんでもらいたいですね。

――どのようなキッカケでこのイベントを企画されたんですか?

望月:ひとつはスター選手が地方でプレーすることでJリーグを盛り上げたいということですね。世界を股にかけた選手たちが地元にやってくれば相模原市民の方々にも喜んでいただけると思います。もうひとつは毎年福島ユナイテッドFC戦で福島の子供たちを招待しているのですが、J-DREAMSの試合を見て元気をもらったり、将来への夢や希望をもってもらえたらなと思いました。

――J-DREAMSの対戦相手は相模原市の高校選抜ですね。

望月:地元の高校生が小さいころにテレビで観ていた憧れの選手たちと同じピッチに立つというのは、素晴らしい経験や財産になると思います。そういった選手たちとプレーすることで、地元のSC相模原に入るということを現実的な目標としてもってもらえたらいいですね。

――初めてサッカー観戦に訪れる方に試合のみどころを教えてください。

望月:引退してもテクニックやサッカーを楽しむ気持ちは衰えていません。そういった部分や、得点を獲る醍醐味を味わってほしいです。やっぱりサッカーの魅力は得点ですから。もちろん相手の高校生も胸を借りるつもりで真剣にきますし、意地やプライドのぶつかり合いもみどころですね。このイベントを通してサッカーの楽しさに触れていただいて、地元のチームを応援するというサイクルができたら嬉しいです。

――ドリームマッチのあとにはJ3の相模原対福島戦が行われますが、そちらの試合も楽しみですね。

望月:相模原という土地でプライドをもって頑張っている姿を観てもらいたいです。SC相模原は完全なプロチームではないので、アマチュアの選手もいますし、元日本代表の高原直泰や元ブラジル代表の経験抱負な選手もいます。様々な選手が一体となって上を目指しているのがチームの魅力です。前身のクラブがあるわけでもなく、バックに企業がついているわけでもなく、ゼロからスタートしたので色々な苦労もありました。そのなかで7年かけてついにJリーグの舞台まで上がることができたのは、他にはない運営の仕方ややり方があったからだと思います。これからもSC相模原にしかない独自のものを発信していきたいので、ぜひドリームマッチのあとはJ3も観てほしいですね、

 数々の大舞台でまばゆい輝きを放った名プレーヤーと、これからの日本サッカー界を担う子供たち。同じピッチで過去と未来が交錯する戦いはまさに夢のようだ。サッカーの魅力がすべて詰まったこのイベントで、身近にある“現在”のサッカーに飛び込んでみてはいかがだろう。

●「さがみはら ドリームマッチ 2014」
日程:2014年11月2日(日) 10時30分キックオフ
*明治安田生命J3リーグ SC相模原vs福島ユナイテッドFC戦は13時キックオフ
場所:相模原ギオンスタジアム
* 当試合を観戦するためには、SC相模原vs福島ユナイテッドFC戦のチケットを購入する必要があります。
出場予定選手:名波浩(元ジュビロ磐田など)、前園真聖(元東京ヴェルディなど)、山田暢久(元浦和レッズ)、戸田和幸(元清水エスパルスなど)
*その他、元日本代表選手など約15名が集結。
スペシャルサイト:http://footi.jp/news/1

さがみはらドリームマッチ2014【望月重良/もちづき・しげよし】
1973年、静岡生まれ。元プロサッカー選手・日本代表選手。現役時代は名古屋グランパス、ヴィッセル神戸などでプレー。2000年のアジアカップでは決勝戦でゴールを決め日本代表の優勝に貢献。2008年、Jリーグ参入を目指し創設されたSC相模原の代表に就任。平行してサッカー解説者としても活動。

<取材・文/林バウツキ泰人>

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中