授業で中絶写真を…過激な「中国の性教育」に賛否両論

性教育を学ぶ中国の児童たち

性教育を学ぶ中国の児童たち(本文とは関係ありません)

 習近平政権が格差是正の一環として教育改革を掲げるなか、中央政府による教育費支出が増大している。中国政府の発表によると、昨年の教育への公共支出は約45兆円。前年比で約10%増となり、GDPの4.3%に相当する規模だ。

 そんななか、初等教育で改革が進められているのが、性教育。日本の学習指導要領に相当する、中国教育部の最新『小中学健康教育指導綱要』では、小学2年次までに「我々はどこから来たか」を、6年次までに「思春期における発育上の男女の違い」について理解させるよう求めている。

 当局が性教育改革を急ぐ背景について、中国在住のフリーライター・吉井透氏はこう話す。

「上海市では今や市内の中学生の10~15%が『性体験アリ』だといいます。これに合わせ未成年の人工中絶や性病罹患率も増加している。中国では性教育は『生命安全教育』や『生理衛生教育』といった呼称で呼ばれていますが、その名の通り、健康管理の一環として教えられているんです」

 教育現場では混乱も生じている。『新京報』(11月5日付)によると、北京市の小学校の2年生クラスで、人工中絶に関する新聞記事が教材として使用されたことが問題になったという。中絶器具に挟まれた状態の胎児を含む生々しい写真の数々のほか、愛人に関する記述もあり、児童らが心に深刻な傷を負ったとして保護者が抗議しているというのだ。

 深セン市の公立小学校に娘を通わせる、自営業の村上健太郎さん(仮名・39歳)も、性教育に対する保護者の反発について語る。

「3年生に配られた性教育の教材に裸の男女の絵が描かれていたのですが、複数の保護者から『これはポルノではないか』という批判が続出した。私も確認したんですが、どう見てもネットで拾ってきたエロ画像だった(笑)。結局、学校側は急遽、男女の裸体にマジックで衣服を描き足すという対策をとったそうです。性教育を推進するわりに、現場ではまだこんな感覚なのです」

 また、性教育を担当する職員からは、日本を責める声も上がっている。大連市在住の会社員・町田浩太さん(仮名・28歳)は話す。

「中学教師をやっている女友達は、日本のAVからの偏った知識が、性教育の妨げになっていると文句を言われました。性教育の時間に『男が女の顔に精液をかけるのは何のためですか?』という質問が男子生徒から投げかけられ、答えに窮したことがあるんだそう。こっちでは小学校高学年から、ネットで日本のAVをみんな見てますから、無理もないですが……」

 一方、中国人の下半身事情に詳しい「歌舞伎町案内人」こと作家の李小牧氏は中国の性教育について別の問題を指摘する。

「中国では、女児を狙った性犯罪が2日に1件以上起きている。しかも犯人を捕まえると、常習犯だったというケースが多い。被害者となる女児に性の知識があまりにも乏しいゆえに、それが性的被害であることを認識できないことが大きな要因です。もっとはっきりと、『セックスが何たるか』をできるだけ早期から教える必要があると思います」

 中国での性教育で必要なのは、「命の尊さよりもいかに自分を守るか」という点にあるようだ。 <取材・文/奥窪優木>

週刊SPA!連載 【中華人民毒報
行くのはコワいけど覗き見したい――驚愕情報を現地から即出し

中華バカ事件簿

激動の現代中国社会をイッキに覗き見!中国実話120選

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?
sponsored
 いつの間にか、セミがガンガン鳴きだして夏がきたと感じる昨今。今年の夏は、2010年以来の猛暑が予想され、連日うだるような暑さを覚悟しなくてはならない…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
名古屋喫茶の雄「コメダ珈琲」上場で変わるカフェマーケット
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」――46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中