雑学

中国でもセックスレスが社会問題化。一人っ子政策解禁や風俗浄化が裏目に!?

 これまで“世界最強”を誇ってきた中華民族の生殖能力に異変が起きている。恋人・夫婦間でセックスレスが蔓延しているのだ。

一人っ子政策解禁や風俗浄化が裏目!? 繁殖力世界一の中国人がセックスレスに!

中国人がまさかのセックスレスに(写真はアダルトグッズ展示会の様子)

 中国人民大学社会学研究所が全国で行った調査によると、異性のパートナーのいる男女のうち約3割は、性生活の頻度が月1回未満にとどまっているという。

 セックスレスの傾向は、都市生活者で顕著のようだ。人材大手「智聯招聘」が発表した、「’14年ホワイトカラー満足度調査」では、各都市で働く男女の平均セックス回数は、月1回という結果になった。 中国では、性交渉の頻度が月1回未満の夫婦は「無性結婚」(セックスレスカップル)と呼ばれ、社会問題ともなっている。

 さらに『網易新』(9月11日付)によると、性生活の欠如は今や、離婚の主要な要因のひとつにもなっているという。5月には浙江省金華市で、結婚して1年間まったく性生活がないことに不満を持った新妻が、警察に駆け込んで苦情を訴えるという珍騒動も発生している(『金華新聞網』)。

 広東省広州市在住の日系工場勤務・戸田誠さん(仮名・46歳)の周囲にも、性的に枯れてしまった人たちが少なくないという。

「かつての中国人男性に対するイメージは絶倫そのものだった。ですが最近の男たちは去勢されたかのよう。以前は、同僚はみんな毎週風俗通いをして、日常的に発情してて“慢性勃起状態”だったのに。昨年から続く風俗取り締まり強化で刺激を失い、家庭内の性生活でも覇気がなくなってしまったんでしょうか……」

 中国で広がるセックスレスに関する報道では、生活上のストレス増大を指摘するものが多い。そんななか、『今日話題網』(9月18日付)によると、中国で今「性療師」なる新職業が話題となっているらしい。直訳すればセックスセラピストで、文字通り性交渉に悩む男女の心理ケアにあたる職業だ。

 一方で、原因を住宅事情に求めるのは中国在住のフリーライター・吉井透氏だ。

「都市部の庶民の場合、3LDKの小さいマンションに3世代で住んでいることもよくある。中国のマンションは壁も薄くて、声も筒抜けなので、夫婦生活なんてできたもんじゃないんでしょう」

 一方、上海市在住の旅行会社勤務・向井典明さん(仮名・42歳)は、あの規制緩和が遠因となっているのではないかと予測する。

「一人っ子政策が緩和に向かい、第2子をつくろうと頑張っている40代の友人がいるんですが、年齢による焦りもあってEDになってしまった。そこで、嫁さんに連れられて病院に行ったんですが、若い女性看護師にパンツを脱がされた途端、恥ずかしいくらいビンビンに勃起していたらしい(笑)。この一件で、夫婦仲はギクシャクして離婚してしまいました。とにかく子づくりのストレスで、セックスレスに陥る男も多いんです」

 中国人ジャーナリストの周来友氏は、セックスレス解消のため、同胞たちにこんな提言をする。

「中国の女性にとって、セックスはまだまだ子づくりの手段だったり、男への見返りだったりする。性を楽しもうという気概が足りない。中国の男はもっと技術を磨き、女性を悦ばせるべきでしょう」

 日本のアダルトグッズメーカーにとっては商機かも!? <取材・文/奥窪優木>

週刊SPA!連載 【中華人民毒報
行くのはコワいけど覗き見したい――驚愕情報を現地から即出し

中華バカ事件簿

激動の現代中国社会をイッキに覗き見!中国実話120選




おすすめ記事