キングオブノイズ「非常階段」は、なぜアイドルやコスプレイヤーとコラボを重ねるのか?

初音階段

初音階段(写真左から、るしゃ、JOJO広重)

 キングオブノイズ「非常階段」を知っているだろうか? 1979年の結成後、音楽界で唯一無二の存在であり続ける伝説的ノイズバンドだ。結成から36年、様々なアーティストとのコラボを重ねており、アイドルグループBiSとのコラボユニット「BiS階段」でも注目を集めた。

 また、2013年からはボーカロイド・初音ミクを使った楽曲制作、およびコスプレイヤーとのコラボユニット「初音階段」としても活動を開始。

 伝説的ノイズバンド「非常階段」は、なぜアイドル、ボカロ、コスプレイヤーといったポップカルチャーとのコラボを試みているのか? 非常階段の中心メンバーであるJOJO広重、初音階段2代目ボーカルのコスプレイヤー&歌手・るしゃに話を聞いた。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=786429

――初音階段というユニットをどうして始めたのでしょうか?

JOJO広重:非常階段は、これまでも●●階段というコラボユニットを多数やってきました。ロックバンドの生演奏のなかに非常階段がまざっていくスター階段や原爆階段のようなパターンが一つ。もう一つが、BiS階段のようなパフォーマンス、エンターテイメント的な参加です。初音階段も後者に近いかたちで、曲をカバーしつつ効果音的に音をまぜていってます

るしゃ:はじめてスタジオで音合わせをしたときは、まず音が大きくてビックリしました。楽曲もはじめて聞く曲ものばかりでしたが、JOJOさんの演奏を聞いた後に、オリジナル音源も聞いてみると、また違う発見がありました

JOJO広重:そういう世代差をねらっています。70年代ロックを、初音ミクを通して見せるという、ほかにないスタイルの試みです。初音階段で披露した曲を、お客さんから「オリジナルも聞いてみました!」と言われるのはうれしいですね。雑誌の復刊などリバイバルの流れもありますが、ノイズのリスナーも40代以上が多いので、なつかしいなと思って思えればと

るしゃ:ライブで披露した、ラブライブの『僕らは今のなかで』は、私から提案したんですけど、あっさり「いいよ」ってなってビックリしました。お客さんの反応も、「え、なにこれラブライブ!?」と意外な反応もあっておもしろいです

JOJO広重:懐メロばかりはイヤなので、ノイズとアニソンという真逆にあってリンクしないような世界をわざとリンクさせています。でも、ノイズなので、どんな音楽とも合うんです。アバンギャルドなものとポップなものを融合させて、エキサイトするような音楽は原曲よりさらに盛り上げる、切ない曲はさらに切なくなります

るしゃ

るしゃ

――価値観の多様化で、興味がない世界のことにはまったくの無関心という人も多い現代へのアプローチということでしょうか?

JOJO広重:閉塞的になってる小さい世界がたくさんあります。ちょっと違う視点、色んな考え方、ものの見方を重ねることで、ちょっとずつ世界が広がっていくのでは? と思っています。今の人はミクスチャーの文化に慣れているのですぐに溶け込めるんです。逆に、70年代の人間からみると、メジャーとアンダーグランドの住み分けはハッキリしていたものなので、昔からの非常階段のリスナーから拒否反応がないか心配でした。ところが、BiSのときもそうでしたが、むしろ歓迎してくれて、お互いのファン層が広がったという感覚です

るしゃ:はじめはノイズのライブ映像をみたときに、暴れたり、叫んだりしてる人がいるし、なんなんだろうとこわかったのですが、JOJOさんと会ったらやさしい人でビックリしました。音楽活動の中でライブはやったことがなかったのですが、今までと違った層のお客さんが見に来てくれたり、海外でも温かく迎え入れてくれたりで楽しんでいます

初音階段――最後に、ノイズの魅力を教えてください。

JOJO広重:ノイズはさまざまな種類の音楽とコラボレーションできます。ダークなもの、過激なもの、こわいもの、そんなアンダーグラウンドな世界を極めているものだけれど、キレイなものや高尚なものとも合体できるものです。ノイズはすべてであり、オールオアナッシング、でも何ものでもない。こういった音楽は他にありません。ノイズをアバンギャルドなアートとしてやってる人は多くいますが、非常階段はエンターテイメントとして今後も活動していきます。ノイズを通して、色んな音楽に興味を持ってくれる人が少しでもいたらうれしいです

<取材・文/林健太

【初音階段】
https://www.facebook.com/hatsunekaidan
【JOJO広重】
https://twitter.com/jojo_hiroshige
【るしゃ】
http://lechat.jp

【初音階段(JOJO広重、るしゃ)出演情報】

●01/27(tue)トークイベント @渋谷UPLINK FACTORY
「JOJO広重の裁判・最高裁」
open 19:00 / start 19:30
料金:¥2,000(+1ドリンク¥500別 / 会場HPにて予約受付中)
出演:JOJO広重、美川俊治、るしゃ、ゆるめるモ!(あの、しふぉん)、PANTA(頭脳警察)他
info.UPLINK FACTORY Tel. 03-6825-5502 / www.uplink.co.jp

●02/11(wed/祝)ライブ @下北沢SHELTER
「発狂!熱狂!白昼夢vol.1」
出演:初音階段、玉手初美×オータコージ、ハニースパイス 
open 12:30 / start 13:00
Adv.¥2,500 / the day.¥3,000 (+D代別¥500)
お問合せ:下北沢シェルター 03-3466-7430

●03/01 (sun) ライブ @高知CHAOTIC NOISE
出演:初音階段 / kishidashin
open 18:30 / start 19:00
advance¥2,500 / the day ¥3,000
info.CHAOTIC NOISE 088-823-8290

●03/14(sat)ライブ @新宿LOFT
『ART CORE PUNK GIG アレルギー LIVE DVD 発売記念ツアー』
出演 : アレルギー / 非常階段 / 初音階段
OPEN 18:00 / START 18:30
advance ¥3,800 (+ドリンク代) / the day ¥4,300 (+ドリンク代)
info. 新宿LOFT 03-5272-0382

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中