全身整形の総額3000万円以上!医師に断られても手術を続ける女

峰岸ふじこ かつての否定的なイメージとは裏腹にカジュアルになる美容整形。技術向上などもあり、より安心・安全なものとして女性に受け入れられている。しかし、一方で不満の声も根強い。整形をした女たちは今、何を思うのか。

 ポルノモンスターの愛称で親しまれるAV女優・峰岸ふじこさん(41歳)。半年前に全身整形を告白し、その総手術費は合計3000万円以上というから驚きだ。

「初めてしたのは約20年前。友人の結婚式に行くことになり、『キレイになったね』と言われたくて二重にしました」

 その後は地元大阪の性風俗で働きながらお金を貯め、27歳のときに整形を再開してからは毎年の“お直し”は欠かせないように。

「当時はまだ見本がなかったから、『整形したニューハーフさんみたいにして!』とお医者さんに頼んでましたね(笑)。わざわざ大阪から上京して名医に頼んでいたので、費用は膨れ上がりました」

 裸商売だけに、見える範囲すべてにメスをいれ、医師から「もうオペするところない!」と断られたこともある。

「術後処置が適当だった医者にあたってしまい、救急車で運ばれ数か月の車イス生活を送ったこともありましたね。痛み止め飲んでもズキズキして眠れなかった……」

 つい先日も顔のシワを減らすリフトアップ手術を受け、耳裏にはまだ生々しい傷跡が残る。整形する目的も「美を保つ」ために変わってきていると話す。

「年齢を重ねるとシワ・タルミなど出てくるから、メンテナンスは欠かせない。体張って手術費を稼がなきゃいけないのは結構シンドいんですよ」

峰岸ふじこ

リフトアップ手術後の峰岸ふじこさん。現役AV嬢だが、現在は新宿歌舞伎町で飲み屋「峰岸ふじこのお店」の稼ぎが中心。整形を希望する女性ファンの来店も多く相談も受けている

※7/14発売の週刊SPA!では「[整形をした女たち]のその後」という特集を掲載中!!

<取材・文/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!7/21・28合併号(7/14発売)

表紙の人/ナインティナイン

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
関連記事

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
人生は決して諦めないこと…映画『トランボ』に学ぶ
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日——フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」——46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな——連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中