全身整形の総額3000万円以上!医師に断られても手術を続ける女

峰岸ふじこ かつての否定的なイメージとは裏腹にカジュアルになる美容整形。技術向上などもあり、より安心・安全なものとして女性に受け入れられている。しかし、一方で不満の声も根強い。整形をした女たちは今、何を思うのか。

 ポルノモンスターの愛称で親しまれるAV女優・峰岸ふじこさん(41歳)。半年前に全身整形を告白し、その総手術費は合計3000万円以上というから驚きだ。

「初めてしたのは約20年前。友人の結婚式に行くことになり、『キレイになったね』と言われたくて二重にしました」

 その後は地元大阪の性風俗で働きながらお金を貯め、27歳のときに整形を再開してからは毎年の“お直し”は欠かせないように。

「当時はまだ見本がなかったから、『整形したニューハーフさんみたいにして!』とお医者さんに頼んでましたね(笑)。わざわざ大阪から上京して名医に頼んでいたので、費用は膨れ上がりました」

 裸商売だけに、見える範囲すべてにメスをいれ、医師から「もうオペするところない!」と断られたこともある。

「術後処置が適当だった医者にあたってしまい、救急車で運ばれ数か月の車イス生活を送ったこともありましたね。痛み止め飲んでもズキズキして眠れなかった……」

 つい先日も顔のシワを減らすリフトアップ手術を受け、耳裏にはまだ生々しい傷跡が残る。整形する目的も「美を保つ」ために変わってきていると話す。

「年齢を重ねるとシワ・タルミなど出てくるから、メンテナンスは欠かせない。体張って手術費を稼がなきゃいけないのは結構シンドいんですよ」

峰岸ふじこ

リフトアップ手術後の峰岸ふじこさん。現役AV嬢だが、現在は新宿歌舞伎町で飲み屋「峰岸ふじこのお店」の稼ぎが中心。整形を希望する女性ファンの来店も多く相談も受けている

※7/14発売の週刊SPA!では「[整形をした女たち]のその後」という特集を掲載中!!

<取材・文/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!7/21・28合併号(7/14発売)

表紙の人/ナインティナイン

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
関連記事

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(3)
メンズファッションバイヤーMB
ユニクロ、ZARA、H&Mに飽きたら「COS」に行こう! 手頃な値段で高級ブランド並みのデザインと質
山田ゴメス
“知ってそうで知らない「キャバ嬢と風俗嬢の違い」――“女”を売って稼ぐ女子たちのホンネ対談
オヤ充のススメ/木村和久
ベッキー70点、舛添都知事20点…気になる方のマスコミ対応評価
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンが考える“90年代のホーガン”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第95回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
『わたし人見知りなんです』と言う女子に思うこと
大川弘一の「俺から目線」
死生観とビジネスの類似性――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
東京-熊本1163kmを30時間で踏破。12台を乗り継いだヒッチハイクの旅に、世界を6周半した男がトライ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中