甲子園バックネット裏騒動の真実に迫る 「ラガーさん」も食い物にされている!?

 夏の甲子園、熱く盛り上がったのはグラウンドだけではなかった。全試合をバックネット裏の前列中央に座る「ラガーさん」をはじめとする「8号門クラブ」という常連観戦者のグループの過剰な席取りに非難が殺到。ツイッターなどを中心に否定的な意見が飛び交い、遂にはラガーさんの座席を狙った「偽ラガー」なる人物も登場し、8号門クラブから席取りに際して「恫喝された」とツイッターで実況中継したことで一気に炎上したのである。

ラガーさんと8号門クラブ◆ラガーさん本人も食い物にされている

 SPA!特捜班は過熱するバックネット裏の真実を探るため、ラガーさんと親しい野球ライターの菊地選手氏にコンタクトをお願いした。

「準決勝の前日に電話で話したのですが、本人は今回の騒動について非常に戸惑っていました。ラガーさんの主張としては『お金を払ってチケットを買い、席を取るために徹夜して並んでいるだけで何も悪いことをしていないじゃないか』ということ。8号門クラブのメンバーによる恫喝など、いろいろと取り沙汰されているので、その辺りについても聞きたいと伝えたのですが、『すべては甲子園が終わってからにしてほしい』と言われました」

 特捜班も現場取材の際にラガーさん本人に直撃したのだが、「菊地さんと話した通り。終わったら話します」と言われ足早に去ってしまった。そしてこれ以降、ラガーさんとは連絡が取れなくなってしまったのであった。

 ラガーさん本人に話が聞けない以上、真相は確認できない。もし、本当に恫喝があったとすれば問題だが、ラガーさんも言うようにチケットも自分で買って、席を取るために徹夜で並んでいるだけなら、そこまで問題ではないようにも思える。では、いったい何が問題なのだろうか。関西在住の野球ライター、広尾晃氏に話を聞いた。

「徒党を組んで我が物顔で席を取って、自分らの既得権益のように振る舞うことは問題というよりも野暮なんです。何試合観たから、何日徹夜して並んだから偉いなんてことはないわけでしょう。それで偉そうな顔をするのは野暮ですよ」

 そしてこう続けた。

「僕はブログでラガーさんに『ちょっと席を移動してみよう』と呼びかけたんです。本当に高校野球が好きなら、バックネット裏なんか観にくくてしゃあないでしょう。それとね、これが一番重要ですが、スポーツというものは、スタジアムで活躍する選手が一番目立たなきゃダメ。客が目立つなんてもってのほかです。だから偽ラガーなる人物がやってることも野暮」

 菊地選手氏は、今回の騒動については胸を痛めている。

「ラガーさんって、ただの野球好きのおじさんですよ。確かに最近は目立ちすぎというのもわかります。でも、だからといってネットで叩いていいわけじゃない」

 さる出版関係者によれば、ラガーさん本人も食い物にされているという。

「著書を出していますが、それほど本人にお金が入るわけでもないと聞きます。Facebookも本人ではなく、出版関係者が更新しているようで、どうしても宣伝臭がぬぐえないわけです。本人は気のイイおっちゃんですからね。『オレの本出たよ~』なんて浮かれている程度で、甲子園で金儲けなんて気は毛頭ないですよ」

 甲子園のスターは、あくまでもグラウンドで躍動する高校球児たちである。外野が必要以上に目立つことはやはり野暮である。騒いでいる方々には節度ある観戦を心掛けてもらいたいものである。

取材・文/SPA!スポーツ観戦問題特捜班
― スポーツ観戦[暗黙のルール]が横暴すぎる! ―

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中