岡山一成が語るJFLの魅力 「働く男たち」のフットボールに目を見張れ!

岡山一成選手

奈良クラブでプレーする岡山一成選手

 Jリーグと各地域リーグの間に位置し、プロ、アマ、学生がしのぎを削る日本フットボールリーグ(JFL)。数々のJクラブで活躍し、“岡山劇場”と呼ばれる試合後のパフォーマンスで知られた岡山一成選手も、JFLのチーム「奈良クラブ」に所属する選手の一人だ。

「J3昇格は逃してしまいましたが、来季に向けて勝って終わらないとダメですね。個人的には今シーズン、まだ一点も決められていないので、なんとか一点決めたい! このまま0点では終わりたくないので、絶対に決めます!」

 そう、岡山選手の所属する奈良クラブは、今年9月にJ3クラブライセンスの交付が決まり、サポーターも含めてチーム一丸となって戦ってきたのだが、11月1日のアスルクラロ沼津戦を0-1で負けてしまったために、Jリーグ入りがお預けになってしまったのだ。

 しかし、岡山選手を筆頭に奈良クラブメンバーとサポートの心は萎えておらず、11月15日(日)に迎える最終節で、奈良クラブはSP京都FCと対戦することになっている。

◆何もないところから始まり、チームと一緒にステップアップ

 今でこそ奈良クラブの一員として溶け込んでいる岡山選手だが、もともとはKリーグの浦項スティーラーズ時代にはFIFAクラブW杯で3位に入賞するなど、世界の舞台にも立った実績がある選手。はじめはいわゆる下部リーグの存在すら知らず、地域リーグやJFLはあくまでJリーグへの通過点と思っていた。しかし、次第に下部リーグの魅力にも気づき始めたという。

「奈良クラブも今はクラブライセンスをもらってJリーグ加入のチャンスが生まれましたが、創設時はグラウンドもないような状態でした。そうした何もないところから始まり、地域リーグ、JFL、そしてJリーグという一本に繋がった流れが日本サッカーにあることを意識して観てほしいですね」

 JFLの醍醐味のひとつは、そういったクラブや選手の“ステップアップ”を楽しめることだという岡山選手だが、地域リーグ時代はハングリー精神を胸に戦ってきたという。

選手とサポーターの距離が近いのもJFLの魅力

選手とサポーターの距離が近いのもJFLの魅力

「地域リーグ時代は、東京で試合があってもバスで移動とかスポンサーさんの車をお借りして移動していました。でも俺はそういう経験をしてよかったと思ってます。Jリーガーが引退して苦しむのって現役時代は周りからもチヤホヤされて、高い生活水準に慣れてしまっていることもあると思う。俺自身、Jリーグにしがみついていた部分があったと思う。そんな中、地域リーグのハングリーな環境でもまだサッカーをやりたいと思えたのは嬉しかった。

 もちろんみんな午前中練習して午後から仕事です。いくらサッカーが上手くても社会人的な振る舞いができないとダメなんです」

 選手として、そして人としても円熟味を増した岡山選手。

 彼のインタビューは本誌『週刊SPA!11月17日号』の「JFLを最高に楽しむ5つのポイント」に掲載されており、実はSPA!の読者だという岡山選手が、彼独自の「JFL=地下アイドル」論を展開している。

 11月15日には最終節のキックオフが控えており、JFLファンはもちろんながら、JFL未見のサッカーファンは必読の内容となっている。これを読んでから、昨季セカンドステージ1位ながら今年限りでのJFL退会が決まったSP京都FC対奈良クラブの関西ダービー、昨季優勝を果たしたHonda FC対FC大阪など、サッカー初心者からマニアまで楽しめる、見どころ満載の最終節をご覧頂きたい!

【岡山一成氏】
’78年、大阪府生まれ。フォワード。横浜マリノスを皮切りに、数々のクラブで活躍。韓国・浦項時代にはクラブW杯で3位入賞。’13年、当時関西1部リーグの奈良クラブに入団

取材・文/林バウツキ泰人 三本真(スタジオKEIF) 写真/奈良クラブ 撮影/小川内孝行(スタジオKEIF)

週刊SPA!11/17号(11/10発売)

表紙の人/ 新川優愛

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中