マネー

暴落相場に苦戦、2000万円損した億超えトレーダー「上がっている株を買うのは危険」

1週間で1億円、1日で800万円の損失など、億の資産を築き上げたスゴ腕トレーダーたちも年初からの暴落相場にはかなり苦戦し、大きな痛手を受けている。高い勉強代を払ってたどり着いた、“億り人”が考える「次の一手」とは? 彼らの知恵を今、授けよう!

上がっている株を買うのは危険。業績安定株へシフト


上がっている株を買うのは危険。業績安定株へシフト

今後はプレステージ・インターナショナル、日本エス・エイチ・エル、ステップなどの業績安定株にシフト予定

「もうイヤになって、2月12日に3銘柄180万円ほどを損切りしたばかりです」。高配当株の中長期投資で増やしてきた、資産1.5億円のさとりん氏は今年だけで2000万円ほど資産が目減りした。

「日本株が約7500万円、外国株が約4000万円、キャッシュポジションが約3500万円くらいでしょうか。ただ、含み損銘柄は少しで、今保有している銘柄は’10年ごろから持っているものが多いので、6000万円ほどあった含み益が減ったという状態です。参院選までは強気でもいいのかなと思っていましたが、政府からは対策も出てきそうにないし、全員が弱気だから弱気にならざるを得ません。これから上がる材料が見当たりません。含み損の株は戻り売りで、ポジションを減らしたいですね」

次のページ 
現金で持っていてもメリットがない。何を買うのか?

1
2




おすすめ記事