マネー

「新興国通貨or先進国通貨」今から貯めるなら、どっちが得?

 マイナス金利、英EU離脱、金融法改正…怒涛の変革期の中、生き残るには2択がある! 正しい選択をしないとカモにされる今、絶対に損をしない正しい道を伝授!

先進国通貨or新興国通貨、今から貯めるなら?


マネーの新常識どっちが得か? 英国のEU離脱騒動で各国の為替は大きく動いた。今選ぶべき通貨は、高金利が魅力の新興国通貨か、先進国通貨か。

「今回の騒動に限らず、昨年末から中国経済の減速が顕著となっています。韓国やシンガポールなど中国頼みの国を含めて新興国の景気が悪化。先進国から新興国へ流れていた資金は先進国へと逆流していくでしょう。つまり『先進国通貨高・新興国通貨安』です」

 そう解説するのは元シティバンクのチーフディーラー・西原宏一氏。では先進国通貨のなかで買うべき通貨とは。

西原宏一氏

西原宏一氏

「これまで市場が不安定になると、スイスフランや円、米ドルが買われていました。ところが、スイス国立銀行はスイスフラン高を阻止する異様な介入を繰り返しているため買えない。円はというと参院選後にムードが一変。ヘリコプターマネー論議が高まり、年前半とは様相が一変し売られています」

 そうなると、残るは米ドル。

「年前半は米ドルと円が二強でしたが、円が脱落し、後半は米ドル一強になりそう。ダウ平均が史上最高値を更新していることもあり、米ドル/円の再上昇に期待が持てます。ヘリコプターマネー次第ではありますが、米ドル買いがいいでしょう」

 新興国の高金利に目を奪われず、素直に米ドル買いを。

A:先進国通貨に期待!ヘリマネで円は最弱。米ドル一択か

【西原宏一氏】
CKキャピタル。シティバンクでチーフディーラーなどを務め独立。確かな相場観と自身の取引をタイムリーに配信するFXメルマガは圧倒的人気を誇る

― マネーの新常識どっちが得か? ―




おすすめ記事