マネー

「LINEスタンプ長者」のその後…月収20万円がたった1000円に

 今までSPA!では「儲かる副業」をテーマにさまざまな手口を紹介してきた。サラリーマンでも実現可能な定番モノから時流に乗った一攫千金を目指せる手法まで。それらヤバい副業は“その後”どうなったのか。そこで、ヤバい副業の実践者たちを追跡調査。今なおカネを生み出す、実行可能な錬金術を見ていこう!

【LINEスタンプ】
過去:月収 20万円
現在:月収 1000円

LINEスタンプ

’15年2月以降に申請したスタンプの分配比率は50%→35%に低下。副業としてのうまみは少なく、大手業者の参入に個人は太刀打ちできない!?

クリエイターの乱立で露と消えたスタンプ長者!


 ’14年4月にLINEクリエイターズ・マーケットがオープンし、新たな副業として人気が大爆発したLINEスタンプ。当時、2日で50万円を得たOLが出現するなど話題を集めたわけだが、現状はどうなっているのか。ブームに乗り、「プロレスつっこみ」なるLINEスタンプを販売して一攫千金を狙った東京都在住の会社員・Kさん(36歳)はこう話す。

「審査通過に3か月かかったものの、’14年9月にはリリースできました。登録数はすでに1万人を超えていて、難しいかと思ったんですが、まだ新日本はじめ、有名団体や人気選手のプロレススタンプがなく、初月に20万円、翌月も10万円と順調な滑り出しでした」

次のページ 
しかし、LINEスタンプは水物…

1
2




おすすめ記事