スポーツ

ダスティ・ローデスがまさかのWWE入団――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第93回

レスリング/ ビクトリー・スポーツ・シリーズ

NWA・WCWプロデューサーだったダスティ・ローデスがまさかのWWE入団。ビ ンス・マクマホンとローデスはじつは友人だった?(写真は米専門誌「レスリング/ ビクトリー・スポーツ・シリーズ」表紙より)

 “青天のへきれき”なんていったら大げさかもしれないけれど、ビンス・マクマホンとダスティ・ローデスの急接近とローデス派閥のWWE入団は関係者、ファンをあっと驚かせた。

 ローデスがWWEの新顔としてTVショー“WWFスーパースターズ”に初登場したのは1989年5月。ローデスの秘蔵っ子とされていたバリー・ウィンダムもウイドー・メイカーという新キャラクターでローデスとともにWWEと専属契約を交わした。

 ローデスは1984年から1989年まで約5年間、現役選手兼エグゼクティブ・プロデューサーとしてNWAクロケット・プロで活躍し、“スターケード”“グレート・アメリカン・バッシュ”といったスーパーイベントを企画。NWA=南部とWWE=ニューヨークのレスリング・ウォーのどまんなかに立っていた。

 “テレビ王”テッド・ターナーがNWAクロケット・プロを買収し、新団体WCW(ワールド・チャンピオンシップ・レスリング)が誕生すると、ローデスの周辺に予期せぬ事態が起きた。WCWとの契約交渉段階でリック・フレアーが「新団体ではダスティの下では働かない」という条件を提示し、ターナー・サイドはこれを了承。結果的にローデスはWCWの新人事から外された。

次のページ 
NWAクロケット・プロ時代…

1
2
3




おすすめ記事