雑学

「逮捕のリスクもあるのに日当1万円」ディーラーが語る裏カジノ今昔物語

 野球賭博に裏カジノと、今年は違法なギャンブルに関連した話が騒々しい。だが、現在の裏カジノはかつてほどは“華やかな世界”ではないようで……。

「昔のカジノって、店も客もなんでこんなにカネあんの?ってくらい、イケイケな雰囲気だった。でも、今は店も客もシブチンだよ」と嘆くのは現役でディーラーとして現場を仕切る星川靖さん(仮名・43歳)だ。

「逮捕のリスクもあるのに日当1万円」 ディーラーが語る裏カジノ今昔物語

ディーラーのテクニックを披露してくれた星川さん

「ディーラーのギャラも随分と安くなった。20年前はどんなヘタクソでも日当は5万円くらいあったけど、今なんか1万円ちょっとの店もある。パクられるリスクや店に落とす利益を考えたら、ディーラーの日当1万円ってバカにしてんのか?って金額だよ」

 従業員への締め付けだけではなく、客へのサービスも今と昔ではかなり違うという。

「昔はタバコも酒も食事も全部タダ。でも今はタバコは銘柄も少なくして1箱までとかね。札幌のカジノは寿司職人が常駐してたし、大阪は鉄板焼きが楽しめるカジノもあった。サービスはケチったらアカンよな」

 鉄火場を盛り上げる豪気な客も減り、盛り上がりに欠ける日もあると星川さんは溜め息をつく。

「連日突っ込んで最終的に億単位のカネの回収に発展したレコード会社の社長とか、カジノ好きが高じて、裏でカジノを開いた大手飲食チェーンの社長もいた。そんなヤツらがその辺の若いヤツに混じってバカラとかやってんの。イイ時代だったよ、あの頃は」

 若かりし頃を語る星川さんの楽しげな顔に、どこかさみしさを感じた記者であった。 <取材・文/週刊SPA!編集部>





おすすめ記事