エンタメ

「自分の心に残ってるプロレスラーを書き残しておかなきゃいけない」 樋口毅宏×大槻ケンヂのプロレス対談

 PRIDEをはじめとする総合格闘技の台頭もあって、暗黒期となった’00年代を経て、この2~3年はプロレスブームが再燃している。“プ女子”と呼ばれる女性のプロレスファンが急増していることも盛り上がりにひと役買っているのだろう。

 そんな現代のブームを、すれっからしのプロレスファンとしても知られるミュージシャンの大槻ケンヂと、プロレス小説『太陽がいっぱい』をまもなく上梓する小説家の樋口毅宏はどう見ているのだろうか。昭和のブルージーなレスラーたちに熱狂した2人が語る「プロレスへの鎮魂歌」をお届けする。

エッジ――お2人は今のプロレスをどう見てますか?

大槻:今年、イッテンヨン大使に選んでいただいて新日本プロレスの東京ドーム大会を観戦したんですけど、WWEほどいききってないけど、エンタテインメントショーとして見事に作り込まれてるなと。

樋口:今の新日本プロレスは面白いですよ。

大槻:ただ、僕が今気になってるのはREINAという女子プロレスの団体なんかで。キックや総合格闘技でも活躍している朱里選手、グラドル出身の成宮選手、対人恐怖症を乗り越えてレスラーになった真琴選手が3本柱だったんです。だけど、成宮が寿引退して朱里がパンクラスに移って、真琴ちゃんがケガしちゃった。これからどうなるんだろう。

次のページ 
彼女たちは’90年代でいう豊田真奈美クラスなんですか?

1
2
週刊SPA!9/6号(8/30発売)

表紙の人/ HKT48

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

太陽がいっぱい

プロレス界を虚実綯い交ぜで描いた珠玉の八編!


⇒「ある悪役レスラーの肖像」を期間限定公開中!




おすすめ記事