ニュース

兵庫県警も激怒! 神戸山口組「サインくださぁい」攻撃の笑撃度

兵庫県警察本部

兵庫県警察本部(Bakkai撮影 CC BY 3.0)

 山口組の分裂騒動から1年が過ぎた折、衝撃的な騒動が起きた。「定例会」と呼ばれる会合に出席するため、新神戸駅を降車した司忍・六代目山口組組長を待ち構えていたのは、敵対する神戸山口組の傘下組員十数名。すわ乱闘か――と思いきや、発した言葉が想定外すぎた。

「サインくださぁい!」

「サインくぅ~ださぁぁい!」

 マスクをした男たちは手に色紙とサインペンを持ち、怒号スレスレの荒っぽい言葉を司組長に投げかけたのである。

 挑発を受けた六代目山口組は、冷静だった。二次団体幹部が語る。

「捜査員を壁に遠くから『サインください』と言ったようですが、駅構内から出た後だったので司組長は気づかなかったそうです。指揮を執ったのは山健組の本部長と言われているが、GOを出したのは織田(絆誠・神戸山口組若頭代行)でしょう。“サイン攻撃”は司組長を侮辱するとともに、『神戸は我々のものだ』とマスコミを通じてアピールしたかったのでしょうが……あの様子を見てどう思います? 彼ら、してやったみたいな顔してましたけど……あの感性は信じられない。なにせ、向こうの親方(井上邦雄・神戸山口組組長)はニュースであの映像を見て激怒し、本部長を叱責したそうですから。織田は織田で『本部長の判断でやったこと』という態度らしく、山健組内でもサイン攻撃には異論が出ている。司組長の車がとっくにいなくなった後、最後までサイン、サインと言って興奮しながら叫んでいたのは織田に従う者だったそうですから(笑)」

次のページ 
「神戸山口組は何をやってるんだ?」

1
2





おすすめ記事