スポーツ

ジャスティン・ブラッドショーってだれ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第218回(1996年編)

WWEオフィシャル・パブリシティ写真

WWEデビュー当時のJBLはカウボーイ・スタイルのジャスティン“ホーク”ブラッドショーというリングネームだった(WWEオフィシャル・パブリシティ写真より)

 JBLことジョン・ブラッドショー・レイフィールドがWWEと契約したのは1996年2月。

 いまでこそJBLのトレードマークはデザイナーズ・ブランドのスーツにカウボーイハットというテキサスの保守系ビジネスマンのワードローブだが、WWEのリングに初めて登場したときは黒のスウェードのテンガロンハットと革のチャップス、手にはブルロープという古典的なカウボーイ・スタイルのリングコスチュームを身にまとっていた。

 身長6フィート6インチ(約198センチ)、体重290ポンド(約131キロ)のスーパーヘビー級の体格は現在と変わらないが、まだ28歳だったJBLは肩まで伸ばした栗色のストレートのロングヘアを後ろでポニーテールに束ねていた。

 リングネームはジャスティン“ホーク”ブラッドショーで、フィニッシュ技はのちにクローズライン・フロム・ヘルと命名される問答無用のラリアット。悪党マネジャー、アンクル・ザバカヤ(ダッチ・マンテル)が世話役としてセコンドについていた。

次のページ 
テキサス・ロングホーンのポーズは、大先輩からちゃっかり拝借

1
2
3





おすすめ記事