スポーツ

シャッフルされた長編ドラマ=アテテュード――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第237回(1996年編)

 試合はセッドとの口論のあと、エプロンサイドに上がってきたショーンとリング内からロープに向かって走ってきたブレットが正面衝突。ショーンはリング下に転落し、ブレットもリング内でダウン。その直後、セッドが力まかせにブレットをピックアップし、パワーボムでキャンバスにたたきつけて速攻の3カウントをゲットした。  試合終了後、ブレットとショーンがリング下で乱闘を展開。このシーンでは男性ファンがブレットに声援を送り、女性ファンはショーンを応援。WWE世界王者セッド、前王者ショーン、そしてブレットの3人がいずれもヒール的なアテテュード(心がまえ、姿勢、態度)でこの長編ドラマを演じていくことがはっきりとディスプレーされた。  ビンス・マクマホンが思い描く、まったく新しい路線はやはりAOW(アダルト・オリエンテッド・レスリング)。つまり、いままでとはちがう、もっとオトナ向けのプロレスだったのである。(つづく)
斎藤文彦

斎藤文彦

※この連載は月~金で毎日更新されます 文/斎藤文彦 イラスト/おはつ ※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス講座」と書いたうえで、お送りください。
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事