デジタル

ウインクするだけで撮影OK! 手軽に買えるウェアラブル端末の実用度

サングラスをかけるだけでストリーミング動画撮影も

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1256543
Pivothead/SMART Architect Edition

Pivothead/SMART Architect Edition

 ガジェット単体で機能を制御できるトレンドは、写真だけでなく動画も同じ。Pivotheadのように、サングラス型のアクションカムは、スキー用ゴーグルなどですでに多数登場しているが、同製品は「単に動画、静止画が撮影できるだけでなくライブストリーミングに対応するのもポイント。Wi-Fiアダプタと追加バッテリーがモジュールとなっているのも面白い」(コヤマ氏)。フレームの横を触るだけで録画できる点は、スキーやスノーボードを楽しむ冬の季節にもピッタリだろう。 Pivothead/SMART Architect Edition 公式の紹介ビデオではスカイダイビングの風景を撮影するなど、あらゆる場面での撮影が可能。Wi-Fiや追加バッテリーをメガネ本体に装着するところも面白いデザイン 実勢価格:3万2800円 用途:静止画、動画の撮影 Bluetooth:対応 充電方法:Micro USB 解像度:8、5、3メガピクセル 画素数:800万画素 その他:白黒、バースト、タイムラプス撮影などにも対応 Pivothead/SMART Architect Edition
次のページ 
スタイリッシュながらも健康と体調をばっちり管理
1
2
3
Pivothead SMART Architect Edition

見たままの感動をそのまま残す フルHDウェアラブルカメラ

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事