雑学

パワースポットで「ご利益を感じる」という人を脳科学的に分析

 正月には初詣をした人も多いはず。だが実際のところ、我々はパワースポットの“ご利益”の有無や正体をよくわかっていない。その奥底に、限界まで“科学的”に迫ってみた。

~ パワスポの「作用機序」を、脳科学的に解説!~

【礼拝】心穏やかになるマインドフルネス状態をつくる


参拝 パワスポで、あるかのように神が見えたり、突然元気になるといった体験をする人がいるが、それはトランス状態になっているため。

「脳科学的に言えば前頭前野の中にある腹側被蓋野、腹側内側部、側坐核などで発火が起こっている状態です。神社で言えば参拝時の柏手や鳴らす鈴の音、祝詞が、それらを“着火”させる手っ取り早いトリガーの役割を担っています」(認知科学者の苫米地英人氏)

 寺での礼拝も同様だが、まだそれだけで深いトランスに陥ることはない。まず、それによって「今ここに集中する」マインドフルネス状態となり、ストレスが軽減されトランス状態に入りやすくなるという仕組みだ。

次のページ 
読経でフルトランス状態へ

1
2
3
4
「言葉」があなたの人生を決める

人生の質は「言葉」が左右する――。全世界3300万人の人生を変えた「最強のコーチング・プログラム」の実践的超入門。


「イヤな気持ち」を消す技術

「イヤな記憶を“忘れる"ための脳の使い方」を紹介!




おすすめ記事