エンタメ

現役OLコスプレイヤーの底力を見た! コミケ91美女コスプレイヤーレポート【2日目】

 昨日29日(金)から開催されている日本最大の同人誌即売会「コミックマーケット91」。会場の拡張工事も終わり、過去最大規模での開催という影響もあってか、昨日の入場者数は17万人と昨年の冬コミの初日よりも2万人ほど増えたもようだ。

 日刊SPA!では三日間、美女レイヤーたちの写真を中心に、コスプレエリアの模様を中心にレポートしていく。

ゆっこにゃん @yukoneko21

 例年、寒さ対策が必須となる冬コミだが、30日(金)の東京地方の最高気温は10℃。乾燥注意報が出た上、風がとても強かったこともあり、体感温度としては昨日の同時間帯よりもずいぶん厳しい寒さを感じた。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1266905

天野シルク @kinun0601

 撮影に協力してくれた女性レイヤーたちに話を伺うと、寒さ対策として露出の比較的少ない衣装だと毛糸のキャミソールや中にニットを着込む人が多く、腹巻をしているという人もいた。しかし露出度の高い衣装の場合は、タイツを二重にするなど心細い寒さ対策をしなければならないようで、毛布にくるまるなどこまめに休憩を挟みながらカメラを前にしていた。

 長時間屋外に立ち続けるため、特に日陰などの場合は寒さに震えながらポージングする女性レイヤーの姿も目立っており、撮影の過酷さが伺える。

 ざっと衣装予算は1〜5万円ほどの人が多い印象で、中には現役OLのレイヤーもおり、仕事後に毎晩一、二時間ほど衣装を手作りしてこの1ヶ月ほど前から準備してきたという。中には武器などの小道具は旦那さんにつくってもらっているという女性レイヤーもいた。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1266916

乃依 @noinoimn

 また、手作りの衣装は長い場合、3か月以上製作にかかることも珍しくないそうで、衣装の元ネタでは作品の新旧を問わず自身の思い入れのあるアニメ・ゲーム、最近では『グランブルーファンタジー』など最新のスマホゲームのキャラクターの衣装も増えているようで、非常に幅広い。

 いよいよ明日は最も多くの人が来場する最終日・三日目となるが、最後まで万全の寒さ対策で楽しんでほしい。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1266877

<取材・文/日刊SPA!取材班>




おすすめ記事