デジタル

ビジネス書を読むより効果的!? 経営のプロも唸るサッカーをしながらビジネススキルも鍛えるアプリ

 セリエA、プレミアリーグ、ブンデスリーガ、そしてリーガ・エスパニョーラ……。日本ではまだ今シーズンのJリーグは開幕していないが、欧州サッカーはまさにシーズン真っ盛り。多くの日本人選手が活躍していることもあり、コアなサッカーファンならずとも海外サッカーの情報を見聞きしていることだろう。

 こうした欧州サッカーは、概ね8月に開幕し翌年5月に閉幕。6~7月はオフシーズンなのだが、だからといって話題にこと欠かないのが欧州サッカーだ。海外では移籍金だけで数億~数十億円ものカネが動くビジネスとしても知られるのがサッカー。オーナーやクラブ、監督、選手など、さまざまなヒトや組織の思惑が交錯し、高度な経営戦略やマネジメント能力が必要とされるスポーツビジネスでもある。

 そんなプロサッカーチームのマネジメントを追体験できるとして人気なのが、スマホアプリゲーム『ウイニングイレブン クラブマネージャー』(iOSのDLはこちら/AndroidのDLはこちら)だ。

◆『ウイニングイレブン クラブマネージャー』は経営センスが試されるアプリ

リブ・コンサルティングの石井氏

「このゲームをうまく楽しむコツは、戦略上の理念をどう据えるがポイントですね」と話すのは、リブ・コンサルティングの経営コンサルタント・石井祐季氏。同氏は、大企業から中小企業まで業務改善コンサルティングを行うリブ・コンサルティングでコンサルティング事業本部事業部長を務める傍ら、スペインまでリーガ・エスパニョーラ観戦に行ったことがあるほどのバルササポーターでもある。

「リーガ・エスパニョーラを見ても、世界中から優秀なスター選手を獲得し、最強“銀河系集団”を作り上げたレアルマドリードがある一方で、ユースからの生え抜き選手を大事にするFCバルセロナなど、チームごとに異なる理念があります。これは育成方針だけでなく、試合スタイルなどあらゆる局面に言えるのですが、この『理念』は、サッカーチームの運営だけでなく、一般のビジネスの現場でもさまざまな局面での判断を決定づける要素として重要です」(石井氏)

 実際に『ウイニングイレブン クラブマネージャー』(iOSのDLはこちら/AndroidのDLはこちら)でも、クラブの「理念」にあわせて、ユース施設を拡充していくことが可能で、投資によって選手の質が向上するようになっている。

アプリ内では、クラブの「理念」にあわせてユース施設を拡充していくことが可能。投資によって選手の質が向上する

「ゲーム内では、試合やトレーニングなどの時間設定がシビアに決められているので、どの選手に、どんなトレーニングをさせるか。その優先順位の立て方に気をつけるのもポイントです。私も実際にやってみましたが、中長期的なチームづくりを目指すのか、短期で結果を出すのかなど大局を見ながら判断しました。『スペシャルトレーニング』(特定の選手の能力を大幅に上げられる)ひとつとっても、優秀な選手1人に集中的にするのか、チーム全体で平等に底上げするのか。選手の年齢やパラメーター、さらにはチーム全体のバランスなど、総合的に判断する必要がありましたね」

「スペシャルトレーニング」のメニューだけで30以上。限られた時間で選手に何を求めるのか。選択と集中の判断は、実際の仕事でも必要なスキルだ。

選択と集中の連続は、まさにプロジェクトマネジメントにつながる

「特に中間管理職に要求される人材マネジメントに繋がりそうですね。加えて、『ウイニングイレブン クラブマネージャー』では、シーズンごとに収支が出たり、選手によって何年契約で契約金がいくらだったりと、そのあたりの変数が作り込まれているんです。しかも移籍金や施設の工事費用など、けっこう細かい部分までリアルなので、まだ選手が育っていないうちはヒトや物、お金といった経営資源をうまく使って、チームの勝利を目指すといいでしょう」

 継続的に少額投資を続けるか、大型の設備投資(スタジアム建設)で一気に回収を図るかは、ユーザーの経営センスが試される部分だろう。どこにお金をつぎ込むかも重要なポイントだ。

クラブ経営を円滑に進めるには経営センスが試される部分が多い

選手との契約年数は損益だけでなく、チーム全体の世代交代を考慮する必要がある

各施設には、それぞれ効果がある。優先順位を決めるのは「経営者」の理念・ビジョンだ

「このゲームを参考にして、PL(損益計算書)を学ぶこともできます。ゲーム内に選手の体力を回復させるアイテムがありますが、ちゃんと頭を使って使わないと、課金してポイントを購入しなくてはいけなくなる(笑)。仮にチームが勝てなかったり、サッカー経営に失敗してしまったりしても、実際のビジネスの現場なら大変ですが、あくまでもゲームなので、臆すことなくプレイできるのもいいですね」

日々を勝ち抜いていくために欠かせない、チーム員のコンディションやモチベーションのコントロールに対する投資にも、バランス感覚が求められる

 スキルアップ、キャリアアップと意気込んで話題のビジネス本を買っても、読み切れずにやめてしまった経験がある人も、『ウイニングイレブン クラブマネージャー』(iOSのDLはこちら/AndroidのDLはこちら)なら、遊びながらプロサッカーチームを運営し、経営戦略のノウハウを実践的に学べよう。 <取材・文/日刊SPA!取材班 撮影/難波雄史(本誌)>

●『ウイニングイレブン クラブマネージャー』(iOSのDLはこちら/AndroidのDLはこちら

提供:株式会社コナミデジタルエンタテインメント

©2016 Konami Digital Entertainment
All UEFA Champions League names, logos and trophies are the property, registered trademarks and/or copyright of UEFA. All rights reserved. adidas, the 3-Bars logo, the 3-Stripe trade mark and Climacool are registered trade marks of the adidas Group, used with permission. The use of images and names of the football players in this game is under license from FIFPro Commercial Enterprises BV. FIFPro is a registered trademark of FIFPro Commercial Enterprises BV. © 2016, DFB Copyright FFF © Official Licensee of the FIGC The FIGC logo is a registered trade mark of the Federazione Italiana Giuoco Calcio All copyrights and trademarks are KNVB respectively Team Holland property and are used under license. Licensed by OLIVEDESPORTOS (Official Agent of the FPF) Producto Oficial Licenciado RFEF Liga BBVA 15/16 Product under Official License from the LaLiga www.laliga.es © 2002 Ligue de Football Professionnel ® Officially Licensed by Eredivisie C.V. and Stichting CAO voor Contractspelers ™ © 2016 THE ARSENAL FOOTBALL CLUB PLC, ALL RIGHTS RESERVED © S.L.B. Producto Oficial. Official Licensed Product of A.C. Milan Official product manufactured and distributed by KDE under licence granted by A.S. Roma S.p.A and Soccer s.a.s. di Brand Management S.r.l. Official Videogame(s) of CORINTHIANS All other copyrights or trademarks are the property of their respective owners and are used under license.




おすすめ記事