エンタメ

アイドルがギャラ交渉!? フリーランスアイドルの必須スキル「交渉術」の心得え【現役グラドル経営者・手束真知子】

ミスマガジン2004、SKE48/SDN48の元メンバーという経歴を持ち、今は現役グラビアアイドルとして活動しながら、グラドルたちが働くカフェの経営者でもある手束真知子。そんな“二足のわらじ”をはく彼女だから語れる「フリーランスアイドル論」とは……?

フリーランスアイドルは交渉術で勝負しないといけない


手束真知子 フリーランスでアイドル活動しています!と言うと、必ずと言っていいほど「大変でしょう?」と言われます。フリーランスで芸能活動することはとても楽しいのになんでなんだろう?とずっと疑問に思っていたのですが、どうやらフリーランスアイドルはDVD撮影のときに聞いていた衣装と違ったものを着させられたり仕事のギャランティが入らなかったりして全て泣き寝入り……というイメージが強いらしいんです。

 確かにそういったことは実際にあるのですがこれは事務所に入っていても同じで、そして芸能活動に関わらずどこでも起こり得ることなんですよね。

 さらに事務所に入っている場合、問題処理にマネージャーを通すので時間がかかる。その一方でフリーランスだったら即座に自由に柔軟に対応できるんですよ。

 そこで重要になるのは「交渉術」です。

 上手く交渉すればギャランティUPもありえる!? そんなフリーランスならではの交渉術をご紹介しましょう。

仕事内容に関する交渉の場合


 先ほどもお伝えしたように、打ち合わせした内容と違うものを要求されたり衣装が違ったり、いざ撮影や本番に出てみると話が違ったということは少なくありません。

 そんな時に重要な交渉術は「強い心でその場で交渉」をするということ。そして話が違った時のために「しっかり備えておく」ことです。気づいたときには時すでに遅し、だと損をしてしまうこともありますので常に意識を巡らせておいて違うなと感じたら「その瞬間」に「その場で」交渉をすることが大切なんです。

 そしてトラブルに備えておくことも同様です。私の場合は衣装を用意していただける場合でも自分でも衣装を用意していきます。それはもし何か違ったら「自分の衣装があります!」と交渉できるからなのです。

 内容が違った場合も備えておけば「これはできないのですが、これならできます」と自分で違う企画を提案もできるんですよ。

次のページ 
仕事を増やす交渉、ギャランティUPの交渉

1
2
全力! フリーガール

「フリーランスで戦うグラドル」の全力な姿は必見!




おすすめ記事