エンタメ

「2位や3位でもいいみたいな感じでやっちゃうと1位は取れない」SPA!グラビアオーディション連覇・陽菜菜々羽

 先日開催された、リアルタイム動画配信サービス『SHOWROOM』と週刊SPA!によるコラボレーション企画『SHOWROOM×週刊SPA!カラーグラビア掲載オーディションvol.2』。4/18発売の週刊SPA!『美女地図』では、オーディションイベントを勝ち抜いた美女たちの水着グラビアを掲載している。

 そこで見事2大会連続1位に輝き、殿堂入りを果たした陽菜菜々羽に、1位獲得のご褒美である単独ロングインタビューを敢行! 水着姿だけではなく、ファンへの感謝、これからのことなどを真剣に語る姿をごらんください。

陽菜菜々羽

陽菜菜々羽

――2大会連続1位獲得おめでとうございます。前回のグラビアが掲載されて、周りの反響などありましたか?

陽菜菜々羽:「SPA!載ってたよね!?」って話しかけられるようになりました!ライブのときとか、ビラ配りするんですけど、そういうときに「SPA!載ってた子だよね」って話しかけて貰う機会が増えました。自分のことを知らない沢山の人の目に触れる機会がもらえたんだなって嬉しかったです。

――他にも何か影響ありましたか?

陽菜:フォロワーが増えましたね。特に日刊SPA!に記事が載ったときに、ちゃんと数えてはないんですけど、すごい速さで100人は増えたと思います。あと、前回のグラビアは(所属する『病ンドル』の)メンバーも褒めてくれて、普段あんまり褒めてくれないメンバーも「可愛い!」って褒めてくれて、嬉しかったです。

――もう一度SPA!のグラビアイベントに出た理由とかありますか?

陽菜:前回撮っていただいたお写真が好きだったからです! Twitterのアイコンにもしていましたし、お気に入りです。

――前回1位ということで、「もう一度1位とらなきゃ」みたいなプレッシャーはありませんでしたか?

陽菜:絶対みんな1位にしてくれるって信じてるので、そこはあまり気にならなかったです。元々自分に自信がないので、SHOWROOMのイベントに出て、みんなの応援が目に見えることによって自信をつけられる部分はあります。色んなチャンスを、結果を出せば確実に手にできるという意味でSHOWROOMはスゴいところだなと思います。

――今回週刊SPA!2回目の撮影でしたが、感想はいかがですか?

陽菜:前より緊張せずに撮影出来たので、いい仕上がりになってるんじゃないかなって、自信あります。可愛い水着を用意してもらったので、 可愛らしさがちゃんと出てたらいいなと思います。前回と今回の撮影の間にDVD(イメージビデオ)の撮影も経験したので、その経験値が活かせてるかな……(笑)前回と水着の雰囲気も、照明の雰囲気も違ったので、それに合った“しっとり”した感じが出せてればいいなと思います。 アイドルらしいはじける笑顔!みたいなのよりも、しっとりとした雰囲気のほうが得意かなと思っているので。

――あまりアイドルらしい振る舞いは得意じゃないんですか?

陽菜:THE アイドル!みたいなのが実は得意ではなくて。所属している病ンドルでも、王道アイドルの子は別にいるので、そういう役割かなと思っています。ファンの人にも、ギャップがなくて全然変わんないよね、って言われちゃうんです(笑)。いい意味で言ってくれているんですけど、友達感覚で、あまり敬語とかも使わないからですかね。親しみやすくて距離が近いって褒めてもらえるので、それは長所かなと思うんですが。

――2大会連続1位ということで、SHOWROOMで勝つための秘訣みたいなものはありますか?

陽菜:ファンのみんながイベントに出るたびに毎回「1位取ろうね!!!」って熱くなってくれるのが一番大きいと思います。2位でいい、3位でもいい、みたいな感じでやっちゃうとファンの方含めみんなモチベーションが下がっちゃうというか、そうやってやってると3位にも入れないっていうことも経験しました。なので毎回「1位取ろう!」って応援してくれるのは、ホントありがたいことだなって。

――SHOWROOMを配信する上で気をつけていることとかありますか?

陽菜:短い時間でも必ず毎日配信するようにしています。イベントがないときでも、いつ出たいイベントがきてもいいように、準備してるんです。今連続配信日数が300日超えて。そうやって私のことを知らない人にも名前を知っていってもらって、他の配信者の方との協力だったりとか、他の子も応援して、自分も応援してもらって、っていう協力し合って。横のつながりも大事だなって思います。リスナーの方は時間やお金を割いてくれて、本当にありがたいなと思います。

――300日もやっているとキツい日もあるんじゃないですか?

陽菜:舞台の本番と、SHOWROOMのイベントと、病ンドルのライブが全て重なったとき、いっぱいいっぱいなっちゃって、心の余裕がなくなっちゃいましたね。人と会うのも嫌になっちゃったし……そのとき「一番病ンドルらしい」って言われちゃいました……(笑)

――そんな辛い思いをしても続けられるんですね。

陽菜:1位になる!ってみんなに協力してもらっているので、逃げ出すわけにはいかないなって。今回のイベントは舞台とかとはかぶっていなかったので、割りと心に余裕を持って挑むことが出来ました。SHOWROOMをきっかけに、いまの病ンドルにも入ったので、ずっと一緒にあるもの、という感じなので。一時期あまり配信しなくなった時期もあるんですけど、見てくれる人が少なくなって、やっぱり自分を知ってもらうための場を失いたくないなと思って。今も続けてます。正直たまに嫌になるときもあるんですけど(笑) 今後も続けていきたいと思います。

――SHOWROOMをきっかけに実際忙しくなってきてる実感ってありますか?

陽菜:前より休みがないっていう感覚は出てきてますね。休みの日は、買い物行きたいとか、いろいろしたいことはあるんですけど、結局寝ちゃって。舞台やイベントあると寝る時間がなくなってしまうんですけど、ホントは10時間位寝たいんです(笑)

――忙しい中での癒やしとか、ストレスの発散とかはどんなことされてるんですか?

陽菜:癒やしは、ご飯食べてるときが一番の癒しです。焼肉とか餃子が特に大好きで。ご飯食べながら配信したりもするんですけど、「食べ物食べてるときが一番幸せそうだね」って言われるんです。ストレス発散は、お酒飲んだりですかね。お酒大好きで、ファンの人にもバレてるので、イベントで勝ったらお祝いに日本酒くれたりもします。

――日本酒とは渋いですね。

陽菜:日本酒好きですね。特に獺祭が好きです。フルーティーなものが好きで、辛口より甘めな方が好みです。

――お酒よく飲まれるんですか?

陽菜:毎日でも飲めるんですけど、飲まなくても別に平気なので、舞台があるときとか、日によってバラバラです。1人では飲まないんです。飲みの場が好きなんですね。舞台で先輩に誘われたら断れないっていうのもあるんですけど(笑)

――ライブアイドル『病ンドル』としても活動されていますが、病ンドルの中での自分のキャラクターや立ち位置はどんなものですか?

陽菜:病ンドルのなかではバラエティ寄りというか、変顔とかすぐしちゃう(笑)。可愛く見せるのも、可愛いって言われるのも恥ずかしくて。可愛いって言われると、「可愛くないし!」って言い返してたんですけど、「可愛いか可愛くないか決めるのはこっちだ!」って怒られちゃって(笑)。ファンの人は「可愛い!」と思って来てくれてるわけですもんね。なので、今はちゃんと「ありがとう」って言えるようになりました。

――病ンドルとしての目標みたいなものはありますか?

陽菜:ワンマンライブもやりたいし、もっと沢山の人に存在を知ってもらいたいです。今CD5000枚売れなかったらメンバー1人がくじ引きでクビになるっていう企画が進行してるので、一番身近な目標はそこですかね。

――ということは、発売の頃には病ンドルじゃなくなっている可能性もあるんですね……。

陽菜:可能性はありますよ!ホント笑えないっていう(苦笑)

――SPA!発売のときにも病ンドルでいられるよう祈っております!ありがとうございました。

陽菜:ありがとうございました。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1320850

 インタビュー当日はまだ企画進行中だったCDを5000枚売る目標は、後に達成された。メンバーはクビにならずに済み、6月にご褒美であるワンマンライブが決定している。

【無料!ワンマンLIVE!】
日時:6月8日(木)
会場:渋谷DESEO
料金:『THEクビ!』CDお買上げ時のポイントカードを持ってる方無料!(通常は1000円)※ドリンク代は別

【陽菜菜々羽】
北海道生まれ。T154B82W59H86
アイドル「病んドル」としても活動中。6月には初のソロDVDを発売予定
Twitter:https://twitter.com/haaarunya
SHOWROOM:https://www.showroom-live.com/nanaha_yandoll

 グランプリだった陽菜菜々羽をはじめ、次点の横山あみ、吉野七宝実、そして面接で選ばれた倉田夏希と山田みずき、計5名が水着で魅せた『美女地図』は4/18発売の週刊SPA!に掲載。

文/DDマツ 撮影/時永大吾 ヘアメイク/伊藤遥香 小林依里香 スタイリング/中村有咲

週刊SPA!4/25号(4/18発売)

表紙の人/ 吉岡里帆

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事