デジタル

米のおいしさを最大限以上に引き出す「オシャレ炊飯器」3選

 今年2月、あのスチームオーブントースターで一躍有名になったバルミューダが殴り込みをかけたことによって、炊飯器市場に熱い視線が集まっている。そんな炊飯器について「その進化には目を見張るものがあります。もはやその技術レベルは上限に達しているでしょう」と語るのは家電ライターのコヤマタカヒロ氏だ。早速、オススメの最新炊飯器を厳選してもらった。まずはバルミューダから。

BALMUDA/The Gohan

BALMUDA/The Gohan

おかずを引き立てるシャッキリ感を実現


「『BALMUDA The Gohan』の特徴は、スチームで米を包み込んで炊くこと。あえて米を踊らせないことでシャッキリとした食感になり、特におかずを引き立てる味に仕上がります。保温機能はないですが、これは炊き上がりのおいしさを追求するためにあえて取り払っている」

 炊飯機能もさることながらデザインも抜群。インテリア的にも◎。

【BALMUDA/The Gohan】
特徴は二重釜構造。蒸気のちからで優しく炊くことで米の煮崩しを防ぎ、香りと旨みを米のなかに閉じ込める。好きな食感がモッチリではなくシャッキリ派にはピッタリ

BALMUDA/The Gohan

BALMUDA/The Gohan

実勢価格:4万1500円
寸法:275×251×194mm
本体重量:約4kg
消費電力:670W

次のページ 
米本来のおいしさを最大限以上に引き出す優れもの

1
2
3




おすすめ記事