エンタメ

ド貧乏芸人に学ぶ「お金を使わず楽しむ休日の過ごし方」

 休日は思いっきり遊んで、日々の溜まりに溜まったストレスを発散させたい! が、財布に余裕はないという人も多いはず。そこで、カネを使わずに休日を満喫する方法を探してみた。

ド貧乏芸人に学べ!使うのはカネじゃなく想像力


ピンボケたろう氏

ピンボケたろう氏

「お金がなくても、工夫や想像力で意外と楽しめるものです」

 そう語るのはお笑いコンビ「ザ・パーフェクト」ツッコミ担当のピンボケたろう氏。極貧のために、1人暮らしの家賃を払うことができず、ワンルームに大人3人で住んだ経験を持つ。ガスも止められ、レトルトカレーを太陽光で温めたこともあるそうだ。そんなピンボケ氏に無料で休日を楽しむ方法を聞いてみた。

「繁華街に行ったときにおすすめなのが、路上で行われているアンケート調査に参加すること。アンケートの種類は食べ物やお酒の試食・試飲や新CMの印象調査までさまざま。1回30分くらいでできて話のネタになるし、最後にお土産として図書カードなどをもらえることも。回数を重ねるうちにおばさんと仲良くなって、顔を覚えられるとちょっと嬉しかったりして……。懐は寒いままでも、心はあったかくなります」

 お金を必要としない他者との交流。しかし、無料で交流できるのは人間だけとは限らない。

鳩「公園のハトにパン粉をあげると意外な楽しさを味わえます。パン粉は無料で提供してくれるパン屋が結構あるので、タダで手に入れやすいアイテム。10日くらいエサをあげ続けると、顔を見せるだけでハトが寄ってくるように。僕が歩くと一緒に動くので、一団を率いる軍師の気分が楽しめる。ただし、僕は最終的に管理人から叱られたので、やりすぎには注意」

 最後に、ハトだけでなく自分の腹を満たす技術も教えてもらった。

「デパートやスーパーの試食はやはり鉄板。バラエティ豊富なので、食前酒から主菜・副菜、デザートまでフルコースで楽しめます。でも、店員に顔を覚えられると、試食を配ってもらえなくなるのが難点。僕は店員のシフトを覚えて同じ人から連続でもらわないように作戦を立てていました。同じ人相手でも帽子やサングラスなどで変装をすると意外とバレませんよ」

【ピンボケたろう氏】
お笑い芸人。「ザ・パーフェクト」ツッコミ担当。貧乏すぎて1人で部屋が借りられず、風呂なしワンルームに大人3人で住んだことがある。そろばん検定2級

― タダで休日を満喫してみた ―

ハッシュタグ




おすすめ記事