スポーツ

ブルーザー・ブロディ殺人事件The Murder of Bruiser Brody――フミ斎藤のプロレス読本#046【特別編】ブロディ・メモリアル・ストーリー

ブルーザー・ブロディ殺人事件The Murder of Bruiser Brody――フミ斎藤のプロレス読本#046【特別編】ブロディ・メモリアル・ストーリー

『フミ斎藤のプロレス読本』#046【特別編】はブルーザー・ブロディのメモリアル・ストーリー。ブロディがプエルトリコで非業の死をとげたのは、いまから29年まえの1988年7月16日のことだった(写真はブルーザー・ブロディのパブリシティー・フォトより)

 1988年7月16日

 あまりにもショッキングな事件だった。1988年7月16日、プエルトリコ・バヤモンのルブリエル・スタジアムのドレッシングルームでブルーザー・ブロディが殺害された。

 犯人はプエルトリコの老舗団体WWC=ワールド・レスリング・カウンセルの共同オーナー(当時)のひとりで、レスラー仲間のホセ・ゴンザレスだった。

 ブロディがサンファン空港に降り立ったのは事件の2日まえの7月14日、木曜の夜。翌日から3日間のツアー日程が組まれていた。

 日本をホームリングにしていたブロディにとって、プエルトリコは年間スケジュールのあいまをぬって短期間のツアー活動をおこなう“第2のホームリング”だった。

 ブロディ=本名フランク・ドナルド・グディッシュは1946年6月18日、ペンシルベニア州ピッツバーグ生まれで、少年時代をミシガン州デトロイト郊外で過ごした。

 1964年、フットボール奨学金を取得してアイオワ州立大に入学。その後、ウエストテキサス大に転学。NFLワシントン・レッドスキンズ、CFLエドモントン・エスキモーズに在籍後、1973年にプロレス転向。1976年、WWWF(現在のWWEの前身)でブルーザー・ブロディに改名した。

 1979年1月、師匠にあたる“鉄の爪”フリッツ・フォン・エリックのブッキングで全日本プロレスに初来日。ドリー・ファンクJr、ジャンボ鶴田と“復活”インターナショナル王座をかけて名勝負をおこない、スタン・ハンセンとのミラクルパワー・コンビで『世界最強タッグ決定リーグ戦』優勝(1983年)。

 1985年、新日本プロレスに電撃移籍するが、1987年に古巣・全日本プロレスにUターンした。

 生きていたら、ことし71歳。アメリカでは第二次世界大戦後の“ベビーブーマー世代”で、日本式にいうならば“団塊の世代”である。

 全盛期のブロディの試合――必殺技キングコング・ニードロップ――をはっきりと記憶しているプロレスファンは40代後半よりも上の世代だろう。

 あの日、事件現場にいたレスラーのうちの何人かはこの世を去り、ほとんどの選手、関係者もすでに引退している。

 プエルトリコのプロレスは、スペイン語をネイティブ・ランゲージとするプエルトリカンと英語を母国語とするアメリカンのふたつのカルチャーが融合する場所として知られている。現在でもこの基本モードは変わっていない。

次のページ 
事件の前日、ブロディとゴンザレスはふつうに会話をしていた

1
2
3

⇒連載第1話はコチラ

※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス読本」と書いたうえで、お送りください。





おすすめ記事