エンタメ

クルマは変われど、美女は変わらず。ああ、麗しのEV美女たち! 東京モーターショー2017美人コンパニオン画像集

 世界の自動車メーカーが出展する「東京モーターショー2017」のプレスデーが、25日から東京ビッグサイトで始まった。東京モーターショーは1954(昭和29)年に「全日本自動車ショウ」として始まり今年で45回目。今では2年ごとに開催される自動車の祭典。

東京モーターショー2017 45回目の今回はその歴史をコンパニオンとともに歩んできた。日刊SPA!では会場に華を添える美人コンパニオンたちの画像を中心にレポートする。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1420762

 トヨタ、日産、ホンダなど国内乗用車メーカーをはじめとする各社が自動運転車や燃料電池車、電気自動車といった最先端の技術を投入したコンセプトカーや次世代エコカーなどを展示。AIなど最先端の技術が見どころとなっている。

 西1ホールにあるトヨタは、コンセプトEV「トヨタ コンセプト愛i」のほか、ミニバン「シエンタ」をベースに開発された次世代タクシーやトヨタブランドとして最初の燃料電池バスを展示。多くのマスコミ関係者で賑わいをみせていた。

 注目どころは大手の完成自動車メーカーの巨大ブースだけでなく、関連部品などのサプライヤー各社のブースもおもしろい。トヨタグループ大手自動車部品メーカーの東海理化のブースでは、自動運転システムに対応し、指の動きや音声マイクからクルマの操作する近未来のコックピットを体験できる。

 また、10月10日から交付が始まった「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレート」を展示する全国自動車標板協議会の「ナンバープレート展」など、よりニッチな展示も多く、カメコ的にもこうしたブースのほうが撮影の自由度は高いと言えるかもしれない。

 「東京モーターショー2017」の開催は11月5日まで。一般公開は10月28日(土)からとなっている。ピーク時に比べると近年は減少傾向にあるとはいえ、前回2015年の入場者数は81万人を記録している。週末などは混雑が予想されるが、カーマニアならずとも、華やかで興味深いブースの数々に心が躍るはずだ。

東京モーターショー2017⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1420762

<取材・文/日刊SPA!取材班>




おすすめ記事