エンタメ

中毒性やばし! 山田ゴメスが選ぶ「風俗VR動画オブザイヤー」傑作集

―[マンゾクVR]―
 風俗遊びをする男にとっての最大の敵・パネルマジック(通称:パネマジ。HPの写真と実物がまるで別人のように加工される現象)を最新テクノロジーで解決し、“仮想プレイ”とでもいうべき生々しいバーチャルエッチまで堪能できてしまう「マンゾクVR」。そのあまりにハイパーすぎる映像技術に、只今どハマり中なゴメス記者だ。ハイテク×エロスの融合にすっかり魅せられたゴメス記者が熟考に熟考を重ね、「超オススメ」な5人の“VR姫”を厳選ピックアップした。必読だ!  * * *  すっかりVRによる風俗動画中毒に陥ったゴメス記者――ここ数ヶ月のおかずは、もっぱら愛用のヘッドマウントディスプレイを装着しながら「マンゾクVR」で漁っている。  視聴者とプレイに興じている疑似体験モノから、デートシミュレーションまで、マンゾクのサイトに並ぶ300本以上のプロモーションVRも、正直ほぼすべて鑑賞済みだったりする。おそらく今、日本で「マンゾクVRオナニー」を語らせたら、我が輩の右に出る者は10人もいないのではなかろうか。  そこで! 今日はそんなVR風俗動画マスター・ゴメス記者が、とびっきりのオススメ嬢を、日刊SPA!読者の皆さんだけに、そっと教えて差し上げよう。 第1位 デリヘル東京 みあ
2017年のナンバーワン!

店名:デリヘル東京
業種/エリア:デリバリーヘルス/渋谷
キャスト名:みあ・23歳

「マンゾクVR」で、そのリアルな容姿を凝視してみると……まごうことなきゴメス記者が大・大・大好物の「チョイ色黒ギャル系」ではないか!  昨今のギャルは、巷の風潮に倣って美白化がすすみ、ファッションも多様化しつつある。それゆえ、「ギャル」と判別するのが意外と難しかったりする。だからこそ、我々ギャル好きなオジサン世代にとって「ほんのり小麦色に焼けた肌」は、もっともわかりやすい記号なのである。色彩学的にも「黒」はキュッと引き締まって見えるわけだし……。  ちなみに、ゴメス記者が「ギャル」なる響きに抱くイメージは、ズバリ、性に奔放! マンゾクVRで、次はそのプレイを確認してみると……「全身性感帯」とのフレコミに嘘偽りナシ!! ギャルが苦手だというキミにもぜひ一度チョイスしていただきたいイチ押し姫だ。 第2位 蛍 のぞみ姫
脳内デートが炸裂!

店名:蛍(YESグループ)
業種/エリア:店舗型ヘルス/横浜関内・曙橋周辺
キャスト名:のぞみ姫・21歳

 この子ね、マジ可愛いっす! ホームページに掲載されている写真もVR動画もほぼ同じ。すなわちパネマジは一切ありません。  デート動画を繰り返し鑑賞し尽くせばわかるのです。北海道生まれならではのキメ細かい肌質に、たまーに隠しきれない方言のイントネーションがこぼれ出て……お店に行く前から高まる妄想、期待、膨らむ股間。しかも身長は154㎝! まさに「守ってあげたい!」を地でいく小柄でウブな女の子。  こんな子がマジであんなことやそんなことまでヤッてくれるのか!? まったくもって信じられない、もはやミラクルの域である。こりゃもう東横線に乗って、横浜まで行くっきゃない! 第3位 恋愛白書in横浜 愛咲ひめの
ピッチピチの19歳!

店名:恋愛白書in横浜
業種/エリア:店舗型ヘルス/横浜関内・曙橋周辺
キャスト名:愛咲ひめの・19歳

 茶髪の巻き髪にクッキリとした顔立ち&ド派手なメイク──引っ込み思案気味な御仁なら、ついつい物怖じしかねない、いわゆる「ゴージャス系」。  しかし、ご心配なかれ! マンゾクVRで彼女の“素”をチェックすると……とにかく明るくて親しみやすい! さらに、プレイは全力投球の本気印!! 「華やかすぎるキラキラ女子って、どうせボクには縁がないし…」  みたいなネガティブな先入観に囚われる“食わず嫌い”なキミにこそ、あえて試食してもらいたい。 第4位 無我 まろん
そそるM女の極み!

店名:無我
業種/エリア:受付型ホテルヘルス/池袋西口・北口
キャスト名:まろん・26歳

 正直言わせていただくと、前出の3人と比べれば容姿的には心もち地味だったりする。けれど、得てして大味になりがちな従来の巨乳にはない「でっかいのに精巧なディテール」が彼女のおっぱい(Fカップ)にはある!  そして、なによりも素晴らしいのは、まろんちゃんの“根っからのM気質”が成せる、切ない表情。プラス「漏れる」という言葉がピッタリのあえぎ声や、クネクネとした動きの機微。  そういう細部までも漏れなく“予習”でき、勝率100%の“実戦”に臨めるのが、またVR動画の魅力の一つなのだ。  * * *  以上、異なるタイプのVR姫を紹介してきたが、いかがだろうか。  我が輩がマンゾクVRオナニーによって徹底リサーチした彼女らを指名すれば、絶対に間違いはない! ホントは自ら先陣を切って行きたいところなので、皆さんに指名されたらされたで、ちょっぴり複雑な心境ではあるのだが……(笑)? 取材・文/山田ゴメス マンゾクVR https://www.manzoku.or.jp/vr/
―[マンゾクVR]―
1962年大阪府生まれ。マルチライター。エロからファッション、音楽&美術評論まで幅広く精通。西紋啓詞名義でイラストレーターとしても活躍。脳神経外科医の菅原道仁先生との共著『「モテ」と「非モテ」の脳科学~おじさんの恋はなぜ報われないのか~』(ワニブックスPLUS新書)、ツイッターアカウント@gomes12081
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事