エンタメ

セクシー女優・能勢えりかがラップに挑戦!「その辺の女とは段違い、ダイソン並みの吸引フェラーリ」――三島の「陰部で韻踏むラップ塾」

 過去、日刊SPA!でのインタビュー記事が話題となった「三島(別名 潮フェッショナル)」氏。  福島の南相馬市出身、大抵の女性を1秒で潮を吹かせられると豪語する異色のラッパーである彼が、AV女優をはじめとしたセクシーな女性たちにラップを講義し、即興でラップを作るという本企画『陰部で韻踏むラップ塾』。 能勢えりか 第11回目のゲストは、能勢えりかさん。現在は25歳、4月に『会いに行けるAVアイドル』でデビューという新人女優だが、三島氏との対談で一体どのように引き出されていくのか?
能勢えりか

能勢えりかさん(左)と三島氏(右)

まだ新人だけどマットが得意!?

三島:今日はよろしく! 能勢:は、はい! お願いします! 三島:ちょっと緊張してるね。てか、まだほやほやですもんね。どこ出身なの? 能勢:京都です。 三島:あー、だからはんなりした雰囲気なんだ。デビューする前はなにやってたの? 能勢:化粧品会社のOLとか、エステでも働いていました。 三島:ふむふむ。でも、その裏では? 能勢:え!? 三島:風俗とか。 能勢:は、はい……。本当は、ソープでも……。 三島:だよね(笑) じゃないと事前アンケートの得意プレイに「マット」とか書かないもんね。ソープではどのぐらい働いてたの? 能勢えりか能勢:5年ぐらいです。デビュー時もソープ嬢の作品でしたので。 三島:へー。ちなみに、AVやソープを始めたきっかけは? 能勢:最初はお金を稼ぎたかったんですけど。でも、もともと興味がありました。 三島:まじ? だいぶおっとりしてるけど、男の借金を肩代わりしているとかじゃないよね? 能勢:ぜんぜん違います(笑)最初はお金のためでしたけど、やり始めたらどんどん楽しくなってきて。 三島:へえ~。5年は長いね。今までおもしろいお客さんとかいました? 能勢:おしっこ飲みたいとか。 三島:じゃあ、うんこ食べたいは? 能勢:売ってくれ、というのはありましたけど。 三島:いくらで? 能勢:値段は聞かなかったです。でも、一応出そうと思って頑張ったんですけど、出なかったんです……。 三島:出そうとしたんかい!(笑) 能勢:はい……。求められると断れないんです……。 能勢えりか三島:良い子だねー。逆に男のひとにされてうれしいことってなに? 能勢:全身をあっちこっち舐められるのが好きです。 三島:それはシャワーを浴びる前? 能勢:えっと、浴びてからが……いいかな……。 三島:そっかー。ちなみにSEXとFUCKの違いって知ってる? 能勢:え、知らないです。 三島:シャワーを浴びた後がSEXで、シャワーを浴びる前はFUCKらしいよ。 能勢:へー! 知らなかったです! 三島:だから、“野外SEX”って言葉は基本間違いで、だいたいは“野外FUCK”って言う方が正しいと思われるね。 能勢:勉強になります! 能勢えりか
次のページ 
レイプごっこが好き
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事